ペットと至福のとき

美味しいものを食べたとき、
自分の育てた花たちが咲きほころぶとき、
友人とのたわいないおしゃべり、
美しい景色に見とれるとき、
家族の愛に包まれたとき・・・

生活の中で至福の時は数々ありますが、
今、私のひざにはmomoが、その隣のいすにはオットが靜かに座っていて、
私のいすのしたにはKenが、オットのいる椅子の横にはHanaが横たわっています。

つまりワンたちとニャンズもとっても近くでくつろいでいる状態。
これもわたしにとって言いようのない至福のときです。

Kenとmomo

————————————

みんな食べないでね

みんな食べないでね

毎朝、まずニャンズに食事を与えます。
彼女たちはうるさいから。(笑)

そのあとは、KenとHanaの番です。

KenとHanaにカリカリをあげて、水を取り替えて戻ったら
こんな状況が目に飛び込んできました。

いちばんちいさなmomoがKenの食事を横取りしています。^^
Kenは「しょうがないなぁ、でもみんな食べないでね。」って言う顔をして待っています。
momoが噛み砕いている間もKenはおとなしく待ていたけれど、
やっぱりKenもおなかがすいていますから、
恐る恐る食べ物に近寄ります。

僕の番だよ

僕の番だよ

こうしてKenが器に顔を近づけたら、
なんとmomoは猫パンチを繰り出しました。

なんて子でしょう、人のをとっておいてしかもパンチを繰り出すとは。(笑)
とにかくとってもかわいいシーンでした。

パンチを繰り出した後はmomoはさっさとどこかに行ってしまい、
Kenはやっと静かに朝食をとることができたのです。

————————————–