咲いていたのよ続編

続編があったのですよ。^^

 

このフジもかなり前から咲いていて・・・

確かまだ3月だったような・・・

で、すでに満開を迎えています。

 

 

  アップの方、左に写っているのは種が入った袋です。

ちょうどお多福豆のような感じ。

これがねじれてポンッという音と共にサヤが割れて種が飛び散るそうです。

これは、マメ科の植物に共通しているそうです。

今このあたり一面このフジのいい香りで窒息しそうです。(笑)

 

 

 

 

 

こちらはツバキ、二色咲く木です。

日差しが強くて写りが悪いですが、これも満開の時はそれは見事でした。(汗)

 

 

 

足元に目をやると・・・

オーニソガラム

庭を持った最初の春に花らしい花といえばデイジーとレンギョウとこのオーニソガラムでした。(笑)

 

こちらは現在進行形

買ったときの花は全て終わって、再度このように満開になりました。

日本では考えられなかったことです。

屋内とは言ってもこちらの日差しは強いですからね、アフリカ生まれのセント・ポーリアにはやはりこのくらい強い日差しが必要なのかもしれませんね。

若い頃日本で蛍光灯をつけて栽培していましたが花がさくことはありませんでした。

スマホでの撮影ですが、初めて自然の色がでているように思います。カーテン越しの日差しが少し妙な影を作っていますが。

そうそうイタリアではヴィオレッテと呼びます。すみれと同じ。^^

 

 

 

 

 

 

オダマキなど

フジがご近所に遅れること1週間ほど、やっと咲き始めました。
かなり大幅カットをしたせいでしょうか?
でも、これくらいで十分ですね。(笑)フジ2

フジアップ

フジ

そして気がついてみるとオダマキもジャーマンアイリスも開花していました。
オダマキも当初は何度種を蒔いても発芽しませんでしたが、一度開花してからは毎年勝手に咲いてくれています。
私の好きな真っ白はまだみかけませんがヨーロッパのオダマキはひらひらがたくさんで華やかです。^^

オダマキ紫

オダマキ紫

オダマキピンク

オダマキピンク2

ジャーマンアイリスは色目によっては我々日本人にはちょっとあくが強いですが、我が家のは真っ白なのでなんの違和感もありません。

ジャーマンアイリス2

ジャーマンアイリス

椿は数本ある中でこれが最後に咲き始めたものです。
この椿は多難な幼少期を過しました。
Kenがそれと走らずに傍を通って枝が折れてしまったり、私の管理が悪くて枯れそうになったり、でもことしは思いのほか大きく立派に咲いています。

ツバキ

ツバキ横顔

そして、やって来ましたスパニッシュ・ビューティーことしは蕾の数がいささか少ないようですが、もう少ししたら華やかな姿を堪能させてくれることでしょう。

スパニッシュ・ビューティー

最後に名知らずの野の花を。
一番マクロらしく綺麗にとれたかも?(笑)

野の花

フジ・ツバキなど

3月の末にフジが咲き始め、

昨日はもうこんな状態で
今日8日の復活祭には友人に一枝プレゼントしました。
6つほどの房のついた一枝で十分、他には何もいらない美しさです。
香りもとっても上品で素敵。

ここ数日気温が下がったせいか色がいつもより濃い気がします。

ツバキは我が家には白が1本、赤が3本、ピンクと赤の2色が咲く木が1本あります。

これが2色の咲く木

こんな色と

こんな色です。

小さなところではオーブリエタ、あちこちに咲いていますが一鉢小山飾りにしてあります。

今日はこれくらいにしておきましょうか。

花の名前は普通カタカナで書くもののようですが、
この藤だけは漢字で書きたいのです。
なんと言っても内藤の藤ですから。(笑)

学名はWisteria
でもイタリアではglicine(グリーチネ)と呼びます。

異名に「さのかたのはな」、「むらさきぐさ」、「まつみぐさ」、「ふたきぐさ」、「まつなぐさ」などがあるそうです。

母は藤色が大すきでした。
薄紫とは言わないで、いつも藤色と呼んでいました。
スミレも母にかかると藤色でした。(笑)

いい香りの藤が、こんなに立派に咲いてくれてありがたいことです。
花後に軽く剪定をするだけで、あとは何も手をかけることなく1年が過ぎます。

ほかの花たちは、わざわざ咲いているところに連れて行って、「どう?きれいでしょ?」
と見せないと気がつかないPaoloも、この藤だけはいつも「きれいだねぇ」と満足げです。

使い古しの支柱を立てて、そこに竹でできた垣根を渡しただけの簡単なベースに藤は絡まっています。

今時分からほぼ2ヶ月ごとに年に3,4回咲きます。