咲いていたのよ続編

続編があったのですよ。^^

 

このフジもかなり前から咲いていて・・・

確かまだ3月だったような・・・

で、すでに満開を迎えています。

 

 

  アップの方、左に写っているのは種が入った袋です。

ちょうどお多福豆のような感じ。

これがねじれてポンッという音と共にサヤが割れて種が飛び散るそうです。

これは、マメ科の植物に共通しているそうです。

今このあたり一面このフジのいい香りで窒息しそうです。(笑)

 

 

 

 

 

こちらはツバキ、二色咲く木です。

日差しが強くて写りが悪いですが、これも満開の時はそれは見事でした。(汗)

 

 

 

足元に目をやると・・・

オーニソガラム

庭を持った最初の春に花らしい花といえばデイジーとレンギョウとこのオーニソガラムでした。(笑)

 

こちらは現在進行形

買ったときの花は全て終わって、再度このように満開になりました。

日本では考えられなかったことです。

屋内とは言ってもこちらの日差しは強いですからね、アフリカ生まれのセント・ポーリアにはやはりこのくらい強い日差しが必要なのかもしれませんね。

若い頃日本で蛍光灯をつけて栽培していましたが花がさくことはありませんでした。

スマホでの撮影ですが、初めて自然の色がでているように思います。カーテン越しの日差しが少し妙な影を作っていますが。

そうそうイタリアではヴィオレッテと呼びます。すみれと同じ。^^

 

 

 

 

 

 

部屋の中では・・・

コチョウランに花茎があがってきました。

昨シーズンは見事にたくさんの花をつけてくれた優秀な胡蝶蘭二鉢です。
その立派な姿を皆様に見ていただく事無く済ませてしまって、気を悪くしているかも・・・(笑)
一株は白い花、もうひとかぶにはピンクの花がさきます。

そして年中ほとんど絶えることなく咲いてくれているのが、このセントポーリア。
はっぱをさしてふやした株です。

イタリアでは、ビオレッタ・アフリカーナ
つまりアフリカのすみれと呼んでいます。

セント・ポーリア

若いころこの花に夢中になっていた時期があると何度か話したことがありますが、
最近また少し増えつつあります。

室内でしか栽培できない花なので、あまり増やすと自分の首を絞めるので
自生していますが、子供たちができてしまったのです。(笑)

若いころは何度挑戦してもだめだったのに、
セントポーリアの葉をバーミキュライトにさしておいたらこんな風に。

そうして生まれた子がすでに小さな体にこんなに花を咲かせてくれて、感激しています。

調子に乗って、また新しい葉を刺しておきました。
おなじくシャコバサボテンもすでに根が出て植えつけたのもあります。

2年前はカランコエがずいぶん増えました。
私、種から育てるのはまだまだなんですが、指し目は結構うまくいきます。
皆様もお気に入りの花たち、増やしてみませんか?