ジーと花達

ジーと花達

いつも鉢の中か高いところで寝そべっているからニャンズたちの写真をなかなか撮ることができません。

どうしたことかジーがまるで「写真撮ってぇ」という感じで佇んでいました。
何やら考え事をしているようなのもきっとポーズなのだと思います。(笑)

さて、他の花達はといいますと・・・

プレジデント

きれいな紫色のプレジデント(クレマチス)が咲き始めました。

この色はホンモノにかなり近いです。

ネリー・モーゼル

隣のネリー・モゼルはもうバンバン咲いています。^^

芍薬 シャックヤク

こちらは大好きな白い花。シャクヤクです。

きっとボタンのほうが丈夫なのでしょうが私はシャクヤクのほうが好きだなぁ。

華々しい季節

色鮮やかなシャクヤクが咲きました。
一重ですが、見事です。
紅色の花びらに明るい黄色のしべがよく似合っています。

つつじも咲きました。
この大振りで、くしゃくしゃのつぼみのツツジ、詳しい名前は知りません。
今年は柿の木の下で開花したせいか、色が薄めです。
でも、好きだなぁ、こういう色。

アイリスは、なぜか黄色がどんどん少なくなって、青ばかりが残っています。
今年は葉が痛んでから割き始めました。
寒の戻りのせいでしょうか。

ジキタリスは、正直そんなに好きな花ではありません。
でも、今年はかなり大きくなって、これくらいのを
花壇の後方に配置したらきれいだろうとは思います。
我が家ではそれが、背の高い噴水を再利用した鉢に植わっています。

黄色い小さな花がたくさん集まって咲いているのはモウズイカ
なぜこんな名がついたのかわかりませんが、
大きな大きな葉を持つ花です。
いわゆる雑草といって良いのだろうと思います。
勝手に生えてくるのですから。
直径が1mほどにもなるので、おいそれと花を咲かせることはできません。

今回は割りと邪魔にならないところだったので、何とか開花まで持ってきました。
花はかわいいのですが、背丈も私の背ほどあるのですよぉ。

クレマチスのモンタナ・ルーベンスが、昨年はたくさん咲いて喜んでいたのに
今年は絶不調です。
いくつか咲きましたが、写真をとる前に姿を消してしまいました。
もしかしたらもうだめになったのかも・・・
クレマチスに関してはわからないことだらけです。

隣に植えたピールは元気そうです。
まだまだ植のほうにつぼみがたくさん。
返り咲きもしてくれる我が家では貴重なクレマチスです。

「きょうつけ!前に習え!」みたいな白のアメリア、かわいいでしょう?^^

エリゲロンの中からまるで醜いアヒルのこのように
一輪のバラ、イエロー・ロマンティカがとってもかわいらしく咲いています。

すらっとした球根植物はイキシアだと思うのですが、
すでに赤いイキシアはうんと前に咲いているので
本当にこれもイキシアなのかなぁ?と思っているところです。
手元の資料にはそのように書いてあるのですが・・・
こちらのほうが好きだなぁ、3月に咲いたのより。

柔らかな色合いのミニバラ「マルタ・フォーエバー」と
薄紫のブラキカムを一緒に植え込みました。
アクセントに両脇に、いささか徒長気味のビオラも加えて、
今気に入っている寄せ植です。

サフィニアもやっと動き始めました。
寒くてなかなか大きくなりませんでした。
この色、かわいいでしょう?

最後に、イチジクがもうこんなに。
確か収穫できるのは7月の頭のはずなんですが。
今時分にこんな大きさだったかしら?

息子の入院中に花のこと・・・顰蹙ものかな?
でも、やっとこういうことができるくらい落ち着きました。