咲いていたのよ

うわっ、まったくピントがあってませんね。

とにかくこのオールド・ブラッシュ・チャイナ。

今年も一番乗りでした。

3月の終わりごろにすでに咲いているのを見て慌てて撮影しました。

蕾ができてだんだん膨らんで・・・という過程を一気に飛ばして開花という感じでした。(笑)

 

こんな無残な姿をお見せしていいのかどうか・・・つまり満開の時期はとうに過ぎてしまったということです。
毎朝、わっ、咲いてる、どんどん咲いてる、きれい!と思いながら日は過ぎて・・・

 

この真っ白なツバキも同じこと。

咲いてるなぁ、きれいだなぁと思いながら日は過ぎて・・

満開時はそれは見事でしたが今は下の方に散ってしまった花が山盛りです。(笑)

 

こちらは苺の花         

薔薇の根本にこぼれ種で増えたビオラが。

 

 

 

 

↑ 名前をど忘れ。冬場、枯れ込んでしまったかに見えていましたが元気に満開。

色の鮮やかな方はピカサが勝手に色鉛筆描に編集してくれたものです。
いつもは削除してしまうのですが、今回はいたく気に入りました。^^

そんなわけで庭が色づいてきました。なまけないで庭報告しなくちゃね。

 

Jacob

旧約聖書の話ではなくてヘレボのことでした。(笑)

写真では葉っぱにサハラからの砂がかかっていて見苦しいですがご容赦。

Jacob(イタリアではヤコボと呼ぶ)という名札の付いたヘレボを買い求めました。

すでに花は終わっていますが、とっても健康そうなので一目惚れ。

白い花なのでニゲルかと思って買ってきたのですが、名札を読むと「Jacob」とあります。

で、その性質などを調べようと検索をはじめましたがなかなかヒットしませんでした。

そのうち今はジョバンニ・パオロ・セコンド、すなわちヨハネ・パウロ・二世の名前がついていて普通は短縮してパウロと呼ばれていると知りました。

で、今度はそのパウロで検索したら一番にヒットしたのがここの常連さんの加藤さんのサイトでした❢(嬉)

ま、ヘレボですから特に変わったことをする必要はないようで元気そうなおおきな株なので来季が楽しみです。

 

別にヘレボのコレクションをするつもりはないのですが、ようやくこのあたりで見かけるようになってきて嬉しくてもうひと鉢一緒に買いました。(エヘヘ・・)

こちらはオリエンタリスという名札がついていました。

検索すると色んな色があるようですが、我が家のは

こんな姿です。

はい、大好きです。西洋オダマキを大きくしたような?(笑)

この株は余り丈夫とはいえないかもしれませんが、やはり開花株は目を惹きますよね。

玄関前の花壇のボーダーがほとんどシロタエギクとペラペラヨメナになってしまっているのでこのあたりでヘレボボーダーにしようかと・・・

頑張りまっす。^^

春です

 

みなさまよくご存知のミモザの花。

イタリアでは3月8日の女性のお祭りに贈る花なのでその頃に咲くのが普通なのですが、なんと今年は1ヶ月以上も早くに咲いてしまっています。

ま、3月8日にはきっとどこぞの国から取り寄せて間に合わせるのでしょうが・・・

 

偽サフランが満開です。

普通のクロッカスよりも一足早く咲き始めるこの原種のクロッカス。
我がゴルフ場にはじゅうたんのように咲き誇っています。

気をつけているつもりでも踏んづけてしまって申し訳ない気がします。

 

この時期にもう桜?と思うでしょう?

実はこれ、アーモンドの花なんです。
桜とそっくり、でもよく見たら桜より少し大きめで花びらもフリルっぽいのです。

樹の幹も桜とは違う感じでした。
昨年は同じような場所で写真を撮ったのですが、すぐ横にイノシシがいておっかなびっくりでささっと撮影したのですが、今年はちゃんと駐車スペースのあるところでゆっくりと撮りました。^^;

でも、山の方にはもう少し濃い色のがあったりして・・・???

アーモンドがすっかり終わって少しすれば桜も咲くわけでこの道路毎日ゴルフ場へ通う道なのですがこれからしばらくは毎日お花見です。^^

大寒過ぎて

大寒とはよく言ったものですね。

ずっと暖冬だと思っていたら世界中がここ数日震え上がっている感じです。

雪の被害に合われた方(列車の遅れとかも含めて)お見舞い申し上げます。

我が家のあたりにはまだ雪は舞っていませんがまだまだ油断はできません。4月いっぱいまで降る可能性は十分あります。と言うかその頃まで雪が積もった経験があります。

でも、スーパーには可愛いチューリップの花束が・・・で、すぐに連れて帰りました。^^

tulipani

白いのはまだ咲いていたアイスバーグです。
冬場は切り花も長持ちしますね。15日に買ったのがまだ綺麗です。(撮影は15日)

そして、今日は久々に庭仕事に励みました。

お隣との境に野生の名前も知らない木が生えて、どんどん大きくなっていました。

そこで、むか~しご紹介したアリゲータでバッサリ。

もう一度アリゲータをお見せしましょう。^^sega sega2

ここ数年、物置に放置していたので使えるかどうか心配でしたが少しオイルを注しただけで快調に作動して立派に役目を果たしました。

木を切るというと一度切るだけだと思われるかもしれませんが、大きな木を切って放置しておいたのでは邪魔になります。

そ こで今はほとんど使いませんが暖炉の薪になるように40~50センチ位の長さに切り揃え、また大きな木になると枝もかなり増えていますからそれらも太いも のはアリゲータで、細いものは太さに応じたハサミできるわけでアリゲータの出番もたくさんなら始末するには結構時間がかかるものなのです。

他にもサワーチェリーのこぼれ種からそこそこ大きくなった木があちこちに生えていたし、へーゼルナッツの木にもひこばえがいっぱいでていたのでそれらもカットして・・・正午に初めてきっかり4時まで休みなしに働きました。

風なのない穏やかな日だったので仕事がはかどりました。
お昼ごろまで待たないとあちこち凍っていて何もできないのですよ。(笑)

で、仕事をやめて少しRudyの遊び相手をしていたらクリスマスローズが咲いていたことに気が付きました。

ニゲルは確か昨年は一輪のみ。今年は2輪に増えましたぁ(嬉)

helleborus (3) helleborus (2)

エリックスミシーはまだまだ蕾で葉っぱの下に隠れていました。
でもたくさん蕾が付いているので開花が楽しみです。

helleborus (4)

Kiwiの収穫

Kiwi

 

我が家には3本のKiwiの雌木と1本の雄木があります。

つまりKiwiは雌雄の木を近くに植え付けなければ実がならないのです。

私が植えつけたのではなく、すでに庭にはかなり大きくなったKiwiの木が植わっていました。

でも、お茶に似た可愛い花を観賞するだけで実は放置していました。
これまでは何度か試食してみましたがあまり美味しいとは思えなかったのです。
しかもなんの手入れもしないし小さな実だったので鳥にすべて供給していました。(笑)

また、Kiwiは棚にしつらえるのでその棚の下からの収穫は結構物理的にも大変で農家の方はどのようになさっているのか知りたいところです。

Kiwi2

でも、今年は結構大きな実がたくさんなったので少し収穫してビニール袋に入れたまま暗いところに1週間ほど放置して追熟させたところなんと風味豊かな美味しいKiwiになりました!

我が家のKiwiを食べてスーパーで買ったのを食べるとスーパーのは何も味がないという感じです。

Paoloが毎朝果物を食べるので夏場はいろんな果物があって良いのですが、冬は柑橘類を食べない、りんごを食べないPaoloにはバナナとKiwiと洋梨くらいしか出してあげられません。

バナナと洋なしでは色合い的にも味気ないのでKiwiは少し色を添えるという意味でも欠かせないのです。

で、先日また大量に収穫しました。

棚の下から手の届く範囲で採れただけでもこんなに!!!

Kiwi3

かごが一杯になったのと疲れたので止めましたがまだまだなっています。

ゴルフ仲間にもかなりおすそ分けして喜んでもらえました。

な~んにも手入れをしないでこんな恵みを受けて申し訳ない思いです。