春の訪れ

今日は我が家の春をご紹介します。
前回の庭便りでも言及いたしましたが今年(2004年)は春が遅いです。
雪もたくさん降りました。

ただ、これだけ寒くて雪の多い冬だったので、
もしかしたらいつもの寒の戻りはないかもしれません。
毎年、2月に温かくて花が咲き出したところへ寒が戻ってきて果物を台無しにしたり、
せっかく植えた花がだめになったりするのですが、
今年は復活祭も早い年回りなので、私の予報は本格的な春近しというところです。

朝、お勝手口には小鳥がたくさん来ます。
なぜなら、そこにKenとHanaの食器があるので、残り物をついばみに来るのです。
すずめがまさしく食器の中に入り込んでいるところを撮ろうとしたのですが、一瞬の差でこうなりました。
(その瞬間を後日追加しました)

また、上の3枚の写真の小鳥はすずめよりほんの少し大きく、
ご覧のようにきれいなはっきりした模様が入っています。
名前をご存知の方がいらしたら教えてください。

小鳥の声がうるさすぎるといえばいやみに聞こえるかもしれませんが、
朝夕の大合唱の時には少々うんざりすることがあります。
中には携帯電話の呼び出し音そっくりの鳴き声の鳥がいて、いつもだまされてしまいます。(笑)

(ここの写真は実物大です。クリックしても大きくなりません。)

           2004年春  Keiko

春の訪れ」への4件のフィードバック

  1. 2010年の小鳥さんたちは どうですか?
    今度 紹介してくださいね

  2. そうですね、なんだかこのところいろいろとサボってばかり。
    この家に越してきたころの情熱がないわ。(反省)
    カメラもよくなったことだし、しっかり撮影しますね。
    鳥は見る分にはかわいいものね。^^

  3. 初めてのセーニ、ラ・パーチェでは鳥のさえずりで目が覚めました。
    かわいらしい鳴き声でした。
    日本とはちょっと違うような。
    そう思うだけかな?(笑)

    私も最近庭に来るスズメに関心が薄れてきたわ。
    前はご飯をついばむのをそっと陰から最後まで見てたのにね。

  4. まみるさん、返事送れてごめんね。
    もう返事したつもりでいたわ。(^^ゞ☆\(ばき))) 

    >日本とはちょっと違うような
    皆さんそうおっしゃいます。
    やっぱりイタリア語でなくのかしら?(笑)

    私もね、アパートに住んでたときはよくベランダの手すりにパンくずを置いてたものでした。
    今は何もしなくてもいっぱいくるから何もしなくなったわ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。