庭の住人

ここは言ってみるとまったく私個人の趣味のページです。
同じ趣味をお持ちの方には共感していただけるでしょうが、イタリアにいることの特色は出ないかもしれません。

ほぼ一年前に少し大きめの庭のある家に引っ越してきて、 ずぶの素人が庭造りに取り組んでいます。
以前の持ち主が12年もの間ほとんど庭の手入れをしていなかったのでまるでジャングルのようにつたが絡まり、多くの木が窒息状態でした。
地面全体をアイビーが覆い尽くし、花を植えようにもまず、地面に到達しなければならない状態でした。

大げさに聞こえるかもしれませんが、
庭師が助手を連れて丸8日間かかってやっと庭全体が見通せるようになったといったら、どんな状況だったか想像していただけるでしょう。

ですからこの一年間は、掃除に追われた年でした。
やっと小さな花壇を作り、早春に咲いてくれる球根を植え付けました。
写真をふんだんに交えて、私の庭の変化を伝えていきます。

でも、初日からこの庭が気に入った者たちがいます。
はい、二匹の犬KENとHANAです。

2ヵ月半の間、狭いベランダで暮らしていて、朝晩散歩に行くと近くの草むらで走り回っていた彼ら。
それが、朝から晩までいつも草むらにいることができるんですから。

私もほっとしました。
家の明渡しが予定より遅れたので、犬はどんどん大きくなるし、朝から晩までベランダをモップで拭くのに懲り懲りしていたところです。

おそらく日本には少ないのではないかと思われる牧羊犬。
KenHana

MAREMMANOという種です。(PASTORE D’ABRUZZESEともいう)

ただ、片親にはハスキーの血が混ざっているということで、KENはその親から立った耳を譲り受けたようです。
少ないですが、彼らの写真も見てください。

最近、個人の警備用に訓練を受けた大型犬が人に噛み付く事件が多く発生し、
犬を飼うことの是非が問われるというか、昔に比べて飼いにくくなってきています。

本来の性質を捻じ曲げて凶暴になるように訓練する人たちや、
あたまっから犬は噛み付くものと決め付け子供達に近寄らせない親達や、
ほしい時には買い求め、邪魔になると捨ててしまうような無責任な飼主や、責任を問われる人たちはたくさんいると思います。

ひとつだけ明らかなのは、決して犬のせいではない! ということ。
飢えさせたり、おびえさせたりしなければ彼らは、
そして他の野生動物だって無意味に攻撃するような動物はいないはず。
商売や権力誇示のために戦争を起こすような人間とは違う。

おっと話がそれてきました。
というわけで、庭仕事と犬大好きさんにささげるページです。
                      <管理人:恵子>

庭の住人」への4件のフィードバック

  1. やっと辿り着きました(笑)!
    秘密のお部屋だったのね。
    KenとHana、ぬいぐるみみたいで本当に可愛い!
    広いお庭で駆けまわれるなんて理想的ね~
    日本では、これを許される犬はどのくらい存在するのかしら?
    きっと限りなく少ないんじゃないかなぁ。

  2. milkyさん、どうもぉ。
    しんどい思いさせてごめんね。

    古い話だから、すでに見てもらったことばかりだけど、
    ちょっとサイトの整理がしたくてね。
    HPをなくすつもりじゃないのよ。
    でも、こうして残しておくと間違って消すことがないと思って。(笑)

    わんこたち、3倍ぐらいの遅さで成長してくれたらいいのにねぇ。
    小さいときは本当にかわいくて、散歩に連れて行くとみんなが声をかけてくれたわ。^^

  3. 4年も前の記事にコメントするのって、変人かな?
    ケンのこと読んで、何も言えなかったので、ここに辿り着いたのよ。

    庭が広いのはステキ。
    職人が8日もかかッ他なんて、広過ぎる気もしないでもないけれど、薔薇の花がいっぱいで、これは本当に素晴しい。
    薔薇ってトゲは?ない種類でしょうか。

    ケンのお墓に落ち葉が、光景が浮かびます。

  4. michiさん、ありがとう
    ちっとも変人じゃありませんよ。
    お気遣い感謝します。

    言いたいことがうまく表現できないままに発行しましたが
    なにがしかは伝わったようで・・・

    バラの棘にはいつも泣かされています。(笑)
    刺の少ないのもありますが、普通のはやはりしっかりと棘に覆われています。

    また時々覗いて下さい、このblogもごくゆっくりとですが更新しています。
    寒さが厳しくなりますから十分にご自愛下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。