もうバルビーとは言わせない

⁂バルビーとはあの有名なバービー人形のこと

チューリップではなく、木の方をご覧ください。

庭の真ん中のもみの木(杉かも?)です。
傾いた木が多い我が家の庭でまっすぐで、姿もきれいなもみの木でした。
もう少し家から良く見えるところだったら、クリスマスには照明を一杯つけてみたいと思わせるほど。

ただ、この木のあるところは小さな丘だったのです。
丘ばかりでは歩きにくいので二つだけ残してあとは平らにしました。

その時にかなり太い根っこを切ってしまったので、枯れるのではないかという不安がありました。
丘を平らにした作業員さんはあまり木のことには関心がなかったようで残念です。

とにかく、根っこを出来るだけ地下に埋めようと、周りに土を盛り花壇にしました。
これが木にとって良かったのかどうかはわかりません。

花壇の花達には夏場は強い日差しから守ってくれるし、
冬も霜から保護してくれるので何よりだったと思います。

ただ、残念ながらだんだん葉が茶色くなりすっかり落ちてしまいました。
数少ないまっすぐに伸びた木だったのでとても残念でした。

葉がなくても木の姿がきれいなので、そのままにしておこうかとも思ったのですが、
ある日、たくさんのありが木に巣食っているのを見つけ、切ることに決めました。

でも花の咲いている時期はダメだし、
こんな大きな木を切るにはPaoloに頼まなければならないだろうし・・・
いろいろ考えているあいだにすっかり時間がたってしまいました。

 

そしてついに!! その日はきました。

皆様もご存知のように昨年のクリスマスに自分自身にプレゼントしたチェーンソー。
これまではすでにPaoloが昨年切っておいた枝を薪用に切り刻むために使っていましたが、
いよいよ大きな木を切ることに使うのです!!

直径が約30cmほどの木を切るとなれば少々考えて切らなければなりません。
周囲にはほかの健康な木や自分たちで作ったガゼッボや、小さな花壇などがあります。

そういうものに被害を与えないように、角度をよく考えて切らなければならないし、
太い木は両側から切りすすまないと途中で折れてしまうので、
先ず、片側に上下2箇所切込みを入れて、それが真ん中あたりで交差するようにして、
幹の一部を取り除いた後に、反対側から切りすすむのです。

これは大昔テレビで見て覚えていたことです。(笑)

一抹の不安を抱きながらも作業を始めました。
片側をほぼ切り取った時に息子が見に来ました。
彼もやってみたそうでしたが、花壇に被害をもたらすと母親に叱られるだろうという思いが
ブレーキをかけていたようです。

とにかく反対側もほぼ切ったところで息子に幹を一押しさせたところ、あっさりと倒れていきました。
ただ・・・ほんの少しの角度の間違いが小さな花壇を直撃してしまいました。

二人とも大笑い。

その花壇の両側には結構スペースがあったのに、花壇の真ん中にどーんと倒れたのですから。
その花壇にはチューリップやフリージアの球根が植わっているので、
すでにたくさんの葉を伸ばしているあやめのほかは何もない状態でした。
そのあやめの葉を少し押し倒しましたが花が咲くのに差し障りはなさそうです。

その後、おびただしい小枝を掃除して、暖炉用の長さに切りそろえるのに2日かかりました。
立ち枯れ状態で長くいたので、なんと切ってすぐに燃やすことが出来ました。

幸運にも、まだこの家に引っ越してから薪を買った事がありません。
うちの庭の木を剪定したもので間に合っているのです。

今年こそは買わなければいけないかと思っていましたが、もう少し先になりそうです。
たくさん積み上げられた薪を見てPaoloも満足げです。

これまで私の庭仕事は小さな道具を使ってのバルビー人形の仕事だと言っていた彼ですが、
もうバルビーの仕事とは言わせません!!(笑)

掃除して出来た細かい枝はすぐに焚き火にして燃やし、庭の掃除も同時進行です。
夕暮れになって、その焚き火の明かりで作業をしながら、
なんだかきこりさんになったような気分でした。(大満足)

                         
   

もうバルビーとは言わせない」への6件のフィードバック

  1. それがあのSteveさんちのアイコンになるのね^m^
    聞くだけで汗が出て筋肉痛になりそうな気分よ(笑)

    でも、爽快感は分かる気がする。
    大きなことから小さなことまで、成し遂げた後は達成感・爽快感があるよね。

    今日本では焚き火も出来ないのよ。
    すぐ消防車がやってくる!
    昔は畑のあちこちで焚き火をしてたり、焚き火で焼き芋を焼いてたわよね。
    今は焚き火をすると有害な物質が出るかもしれないとか何とか、許可を取ってからでないと何も燃やせません。
    やれやれ、な時代です。

  2. Keikoさんのお若い頃の経歴を見れば、こんな力仕事をするようになるなんて驚きですよね。
    う~ん、私なら薪を拾う事は出来てもチェンソーは無理(笑)。
    でもね、Keikoさん、田舎にいた頃、斧で薪割りしたことあるんですよ。
    祖父が渋るのを無理やりやらせてもらいました。

  3. 面白そう~~~\(^▽^)/ 
    チェーンソーかぁ~、私はドジだから、そんなもの持つと危ないかもなぁ~
    でもやってみたいような(^m^)
    楽しそうなんだもん!

  4. まみるさん、
    そうなのよ、達成感。
    でも正直しんどい。(笑)
    この記事を書いたころは燃えてたけどね、最近はつい先延ばしにしてしまって・・・

    焚き火だって、普通の落ち葉や剪定した枝ぐらいだったら有害なものも出ないのにね。
    きっと、そういうときに有害なものを燃やす人もいるんでしょうね。やれやれだわね、本当に。

  5. まこさん、
    子供のころはひ弱でしょっちゅう寝てました。
    若いころも細くて体力がなかったんですが、
    人間換われば変わるものです。
    ただなんでも自分でやってみたいという性格は昔からあったような・・・(笑)

    そうですか、薪割りの経験があるのですね。
    おじいさま、さぞかし心配なさったことでしょう。
    私だって大きな息子でもやはり心配ですよ。^^

  6. milkyさん、
    ちゃんと安全装置もついているし、そんなに危なくもないとは思うけれど、
    まぁ必要がなければ敬遠したほうがいい代物かもね。(笑)
    ブラック&デッカーにはさみ式の小さなチェーンソーがるのよ。
    あれなら本当に安心だし、小さな枝を切るにはもってこいだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。