銅葉ヒューケラなど

すこし前に銅葉のヒューケラをアップした時にこれは花が咲かないのかな、なんて言っておりましたがそのすぐ後に咲き始めました。(笑)

もうかれこれ1ヶ月ぐらいは咲いているかと思います。

小さな小さな
普通のヒューケラの花より一回りも二回りも小さめの花です。

ヒューケラの花

そのとなりでは同じような色合いのダリアが咲き始めました。

ダリア ダリア2

もうこのダリアも家に来て数年経ちます。

その間植え替え無しで(ぎゃっ、ごめん)ずっと来ました。

ダリアにしては小振りな方なので扱いやすいです。

なんといっても色に深みがあっていいでしょう?

コチョウラン コチョウラン2

丁度ダリアやヒューケラと窓を隔てた反対側、つまりうちの中では

今頃コチョウランが咲いています。

春先にいっぱい蕾を付けたものの、すべて開花せずに落ちてしまいました。

昨年も同様でした。

水が足りないのかと思って霧吹きを頻繁にしたり悪戦苦闘しましたがまったく反応なし。

ある日、ゴルフ場で出会った友人となんとなくコチョウランの話になって

彼女いわく、胡蝶蘭は根っこも光合成をするので(現地では屋外の大きな木に寄生したりして生息するので)鉢は透明のじゃないとダメよと教わり、そういえば買った時は透明のプラスチックに入っていたなぁと思いあたって、とりあえず透明のがなかったのでなんと透明のセロファンに包んで今のところしのいでいます。

花が終わったら善処したいと思っております。(汗)

でも、そのおかげで今回はしっかり開花してくれました。

とっても嬉しいです。

もう一株は透明のプラ鉢ですが、どうも専用の用土を詰め込み過ぎみたいなのでこちらももう少し根っこが光を受けられるように改善したいと思います。

意外な友人から意外な教えを賜りありがたいことです。(これもゴルフのおかげ?(笑)

 

 

ヒメナデシコ

Dianthus deltoidesっていうタグがついていたので調べてみたらヒメナデシコでした。^^

蕾がちっちゃくて可愛かったのでどんな花が咲くのかも知らずに買ってきました。

ヒメナデシコ ヒメナデシコ2

ナデシコはかなり丈夫です。

ヒメちゃんはどうなのかこれから観察ですが、普通のなでしこはもう何年も植えっぱなしで越冬してかなり複雑な姿になりながらもちゃんと花を咲かせています。

で、となりの白いのはナデシコとは呼ばずにミニカーネーションとなります。

こちらも丈夫です。で、安心していたらある日突然という感じでいなくなってしまいます。

一緒に植えこんでいるのはミニのゆりです。

タグには「アジアのゆり」とありました。ちなみにイタリア人は日本人が小柄だと思っています。イタリア人とそんなに変わらないのにね。^^

 

春の陽射しを受けてパート2

ツバキをアップした時に一緒に写真を撮っていたギボウシ=ホスタギボウシ

撮影は4月13日、これが今は

ギボウシ2

あ、白い花は違いますよ。一緒に植えてあるイベリスです。

そういえばイベリスもまだアップしていませんねぇ。
真冬から孤軍奮闘一生懸命咲いてくれているのに。

イベリス イベリス2

ホスタが強い日差しを好まないそうなので軒下の鉢に植えてあってそこにたまたまイベリスを一部移植したのですが、日向のとは全く雰囲気が違うでしょう?

イベリスは、日向がお好みのようですね。

 

白い花がらみでユキヤナギも合わせてご紹介しておきましょう。

どちらも4月13日撮影です。

ユキヤナギ

ユキヤナギ2

白くて小さい花、大好き!

セント・ポーリア

今回も室内の花です。
セント・ポーリア

大昔に日本で苦労してちっとも咲かせられなかったことはすでにお話ししたと思いますが、
ここでは何もしなくても咲いてくれるのでありがたい花です。

この三つ子ちゃんは、母株の葉っぱをさして育てたものです。
ちっちゃなちっちゃな株からこんなに立派に育ってくれました。

時々腰水をするのと霧吹きスプレーで気がついただ霧吹きしていますが、
時々水切れでうなだれている姿を見ることもあります。(笑)

白とのツーショット。

白は2月16日に「まっしろな・・」でご紹介したもので、
あの頃に満開を過ぎた位だったのが、又こんなに咲いています。
1ヶ月ほど咲いて、1,2ヶ月休んで又蕾をつけ始めるというようなサイクルでしょうか?
たくましいですよね。
セミダブルのこの白いセント・ポーリア、花の形も大好きです。

コチョウランその後

2月18日の投稿「ああ、胡蝶蘭が・・・」で、蕾のつきはじめた茎がポッキリ通れたとはなしましたが、
又その時にどうしようもないと半ば諦めていましたが、
実は一縷の希望があったのです。^^

コチョウランは花後に茎の節を2,3残したところで切り取っておくと
更に新しい茎が伸びて2番花を楽しむことができる場合があるのです。

そこで、綺麗に切り取っておいていたのですが、幸運にも新しい茎が伸びてきていました。
でも、又事故に遭う可能性もあるので開花まで報告を待っていました。
先に咲いていた白い胡蝶蘭と一緒にアップしたくてずっと待っていました。

あいにく白い方は殆ど終わってしまったのですが、最後のツーショット、御覧ください。

それぞれのアップもね。
まずは2輪だけのこった白から

たくましいピンクさん。