咲いていたのよ続編

続編があったのですよ。^^

 

このフジもかなり前から咲いていて・・・

確かまだ3月だったような・・・

で、すでに満開を迎えています。

 

 

  アップの方、左に写っているのは種が入った袋です。

ちょうどお多福豆のような感じ。

これがねじれてポンッという音と共にサヤが割れて種が飛び散るそうです。

これは、マメ科の植物に共通しているそうです。

今このあたり一面このフジのいい香りで窒息しそうです。(笑)

 

 

 

 

 

こちらはツバキ、二色咲く木です。

日差しが強くて写りが悪いですが、これも満開の時はそれは見事でした。(汗)

 

 

 

足元に目をやると・・・

オーニソガラム

庭を持った最初の春に花らしい花といえばデイジーとレンギョウとこのオーニソガラムでした。(笑)

 

こちらは現在進行形

買ったときの花は全て終わって、再度このように満開になりました。

日本では考えられなかったことです。

屋内とは言ってもこちらの日差しは強いですからね、アフリカ生まれのセント・ポーリアにはやはりこのくらい強い日差しが必要なのかもしれませんね。

若い頃日本で蛍光灯をつけて栽培していましたが花がさくことはありませんでした。

スマホでの撮影ですが、初めて自然の色がでているように思います。カーテン越しの日差しが少し妙な影を作っていますが。

そうそうイタリアではヴィオレッテと呼びます。すみれと同じ。^^

 

 

 

 

 

 

咲いていたのよ

うわっ、まったくピントがあってませんね。

とにかくこのオールド・ブラッシュ・チャイナ。

今年も一番乗りでした。

3月の終わりごろにすでに咲いているのを見て慌てて撮影しました。

蕾ができてだんだん膨らんで・・・という過程を一気に飛ばして開花という感じでした。(笑)

 

こんな無残な姿をお見せしていいのかどうか・・・つまり満開の時期はとうに過ぎてしまったということです。
毎朝、わっ、咲いてる、どんどん咲いてる、きれい!と思いながら日は過ぎて・・・

 

この真っ白なツバキも同じこと。

咲いてるなぁ、きれいだなぁと思いながら日は過ぎて・・

満開時はそれは見事でしたが今は下の方に散ってしまった花が山盛りです。(笑)

 

こちらは苺の花         

薔薇の根本にこぼれ種で増えたビオラが。

 

 

 

 

↑ 名前をど忘れ。冬場、枯れ込んでしまったかに見えていましたが元気に満開。

色の鮮やかな方はピカサが勝手に色鉛筆描に編集してくれたものです。
いつもは削除してしまうのですが、今回はいたく気に入りました。^^

そんなわけで庭が色づいてきました。なまけないで庭報告しなくちゃね。

 

ユリなど

ユリ

今年迎えた「アジアのユリ」と名札のついていたユリです。

極普通のさりげない香りのないユリでした。

キキョウ2 キキョウ

Casioのでじかめでとったのですがどうもいけませんねぇ、こんな色ではありません。

もっと紫色をしています。

キキョウと言うと秋の花のようなイメージが有りますが、今時分からかなり長く楽しませてくれます。

終わった花の穂を刈りこんでおくとそこからまた蕾が出てくるのですよ。

冬(根っこだけで越冬します)も屋外で平気ですし、丈夫な手のかからないいいこです。

なんといってもころんとした蕾のかわいいこと!

ブルーベリー

ここに写っているのが今年のすべての実です。(笑)

笑っちゃうでしょう?でも昨年はたった一粒だったんですよぉ。

これもおそらく冬場に乾燥させすぎるせいだと思います。

どうもイタリアに長く住んでいながら水やりは日本風になってしまうのです。

日本とは乾燥率が全く違うのに根腐れを心配するほうが先に立って逆に枯らしてしまいます。

シレネ

最後に野生のシレネ。

ご覧のように雑草に混じって勝手に咲きます。

どこかのサイトでユーゴスラビアに旅した方が花屋さんでシレネの種を下さいと言ったら笑われたとありましたがこちらではこんなふうに自然に咲くからなんですよね。

 

名脇役たち

華やかに我が春を謳歌しているバラたちの脚元をしっかりとフォローしている名脇役の宿根草達を見てあげてくださいね。

エリゲロン

まずエリゲロン。(私はヘラヘラヨメナの呼び名が好きだけど・(笑)晩秋までずっと咲き続ける元気な子。

この玄関前の花壇のボーダーをかなりカバーしています。か細いのに強い子なんですよ。

となりの渋い色を放っているのはヒューケラです。でも普通のヒューケラにはすでに花が咲いているのにこれは咲かないタイプなのかしら?

ツボサンゴ

こちらは普通のフューケラ(ツボサンゴ)株分けしたけれどひ弱な感じ。もしかしたら栄養不足かも、ちっとも肥料をあげないから。

銅葉ヒューケラ

花が咲かないとしてもいい色でしょう?こちらのタイプ。

 

そして大好きなベルフラワー

カンパニュラ

正式にはカンパニュラなのでしょうかね。紫色が素敵です。

 

ネメシア

ネメシア ネメシア2

紅白の二色咲が可愛くて買ってきました。

これ、ネメシアですよね?

でも、こんなふうに垂れ下がって咲いているのは今まで知りませんでした。

ちょっと徒長しているだけかしら?(笑)

ネメシアには1年草タイプと多年草タイプがあるそうですが、これがどちらかはあとのお楽しみ?^^

 

クレマチスアップ クレマチス2 クレマチス

クレマチスのどアップに驚かれましたか?

ネリーモーゼルという品種ですが早々と満開状態です。

おとなりのプレジデントなどはまだつぼみがあがったばかりだというのにね。

つるの誘引も何もしていなかったのに自分でしっかり絡まって伸びています。いい子ちゃん。