咲いていたのよ続編

続編があったのですよ。^^

 

このフジもかなり前から咲いていて・・・

確かまだ3月だったような・・・

で、すでに満開を迎えています。

 

 

  アップの方、左に写っているのは種が入った袋です。

ちょうどお多福豆のような感じ。

これがねじれてポンッという音と共にサヤが割れて種が飛び散るそうです。

これは、マメ科の植物に共通しているそうです。

今このあたり一面このフジのいい香りで窒息しそうです。(笑)

 

 

 

 

 

こちらはツバキ、二色咲く木です。

日差しが強くて写りが悪いですが、これも満開の時はそれは見事でした。(汗)

 

 

 

足元に目をやると・・・

オーニソガラム

庭を持った最初の春に花らしい花といえばデイジーとレンギョウとこのオーニソガラムでした。(笑)

 

こちらは現在進行形

買ったときの花は全て終わって、再度このように満開になりました。

日本では考えられなかったことです。

屋内とは言ってもこちらの日差しは強いですからね、アフリカ生まれのセント・ポーリアにはやはりこのくらい強い日差しが必要なのかもしれませんね。

若い頃日本で蛍光灯をつけて栽培していましたが花がさくことはありませんでした。

スマホでの撮影ですが、初めて自然の色がでているように思います。カーテン越しの日差しが少し妙な影を作っていますが。

そうそうイタリアではヴィオレッテと呼びます。すみれと同じ。^^

 

 

 

 

 

 

ジーと花達

ジーと花達

いつも鉢の中か高いところで寝そべっているからニャンズたちの写真をなかなか撮ることができません。

どうしたことかジーがまるで「写真撮ってぇ」という感じで佇んでいました。
何やら考え事をしているようなのもきっとポーズなのだと思います。(笑)

さて、他の花達はといいますと・・・

プレジデント

きれいな紫色のプレジデント(クレマチス)が咲き始めました。

この色はホンモノにかなり近いです。

ネリー・モーゼル

隣のネリー・モゼルはもうバンバン咲いています。^^

芍薬 シャックヤク

こちらは大好きな白い花。シャクヤクです。

きっとボタンのほうが丈夫なのでしょうが私はシャクヤクのほうが好きだなぁ。

フジ・ツバキなど

3月の末にフジが咲き始め、

昨日はもうこんな状態で
今日8日の復活祭には友人に一枝プレゼントしました。
6つほどの房のついた一枝で十分、他には何もいらない美しさです。
香りもとっても上品で素敵。

ここ数日気温が下がったせいか色がいつもより濃い気がします。

ツバキは我が家には白が1本、赤が3本、ピンクと赤の2色が咲く木が1本あります。

これが2色の咲く木

こんな色と

こんな色です。

小さなところではオーブリエタ、あちこちに咲いていますが一鉢小山飾りにしてあります。

今日はこれくらいにしておきましょうか。

クレマチス ハーグレイハイブリッド

クレマチスには はまるまいと思っているのですが・・・

3年前にモンタナ・ルーベンス、ジャックマニー、プレジデント、ネリーモーザの4種を、
その翌年にピールをかって、満足していました。
あまり手入れの仕方もよくわからないし、
ツル性のものは場所も考慮しないといけないし・・・

でも、今年、ジャックマニーとピール以外はみな不調で、
(当然なんです何も手入れをしていないから)
先日園芸センターに行ったときに、
開花株が目に付いたのでついふっと買ってしまいました。

ハーグレイ・ハイブリッド

ジャックマニー系の桜貝色をしたシンプルでかわいい花です。
いくら遅咲きのジャックマニー系でも今頃咲いているのは二番花ですよね。
いつも二番花を咲かせることができないので
この時期にクレマチスを見ることもなく、だからほしくなったのでしょう。

とても気に入っています。
華やかさはないけれど、しっとりとした色や大げさでないところが好き。
花が咲き終わるまで、いえ秋口に涼しくなるまで植え替えは控えておきましょう。
今は、パレロワイヤルというバラの植わっている背景のラティスにちょこっと間借りしています。^^