小春日和

日本のみなさまごめんなさいね〜

日本ではあちこち雪に見舞われているというのに

こちらではまるで春の一日のようでした。

綿のTシャツの上にやはり薄い綿のつなぎを着て庭に出たのですが、

日陰でも仕事ができる暖かさでした。

 

狙ったバラの新芽はピンぼけだけど日差しの強さを見てくださいね。

 

 

夕方撮り直したけれどやっぱりピンぼけね。ニューヨーカーズの元気な新芽です。

今年も期待できそうです。

これがピンぼけなのはスマホを花の下に入れて、感で撮ったから。

エリックスミシー(ヘレボ)はもうこの庭にすっかり馴染んでくれていて
恥ずかしいけれど年間通してなーんにも世話をしないんですがこのように。

ウインターハーディーかな?

ヨハネ・パウロ2世はこんなちいさなまんま、軒下にいるので霜には当たらないけれど

その分朝露にも雨にも当たらないから思い出したように水を撒きました。

玄関前の花壇のボーダーに昨年植え込んだプリムラを発見。得した気分。(笑)

 

バラの選定を半分くらい済ませてその後は円形花壇に行き草むしり。

むしるというかアイビーが主なので引っこ抜く感じ。

ここにはムスカリと原種のクロッカスとスノードロップとスイセンとチューリップが

植わっていることはわかっていたけれど、掃除をしたらシクラメンがいっぱい。

こんなにシクラメン植えたっけかなぁ?

とにかくアイビーの葉とよく似ているので気をつけなくちゃ。

ね、似てるでしょ?

毎春スノードロップを見つけて写真に撮るときに雑草に埋もれていたから

気になっていたけれど、今年はなんとか掃除が間に合いました。(汗)

でも、雑草と間違って大量にムスカリを引っこ抜いてしまった。

慌てて鉢に植えこんだけれどどうかなぁ???

 

日が傾きかけた午後4時まで久々の庭仕事。

Rudyが、かつてKenがそうしたように私のそばをつかず離れず。(幸)

 

 

今頃?

ヘレボルス、

早いものはクリスマスの頃から咲くのでクリスマスローズと呼ばれるのに

遅いものでも復活祭前には咲くのが普通。それをレンテンローズと呼ぶけれど・・・

今頃咲くのは???

早春に開花株を買ったウインターハーディー、数日前からまた咲いているのです。

早春より若干色が薄めのような気がしますが3輪咲いています。

4月の終わりから5月の中頃まで寒さがぶり返したからまた暖かくなって春が来たと勘違いしたのかしら?

それとも年に数回咲く種があるのかしら?

何にしてもとっても嬉しい。

 

その分?同じ頃に買ったニゲル二株がだめになりました。(涙)

Jacob

旧約聖書の話ではなくてヘレボのことでした。(笑)

写真では葉っぱにサハラからの砂がかかっていて見苦しいですがご容赦。

Jacob(イタリアではヤコボと呼ぶ)という名札の付いたヘレボを買い求めました。

すでに花は終わっていますが、とっても健康そうなので一目惚れ。

白い花なのでニゲルかと思って買ってきたのですが、名札を読むと「Jacob」とあります。

で、その性質などを調べようと検索をはじめましたがなかなかヒットしませんでした。

そのうち今はジョバンニ・パオロ・セコンド、すなわちヨハネ・パウロ・二世の名前がついていて普通は短縮してパウロと呼ばれていると知りました。

で、今度はそのパウロで検索したら一番にヒットしたのがここの常連さんの加藤さんのサイトでした❢(嬉)

ま、ヘレボですから特に変わったことをする必要はないようで元気そうなおおきな株なので来季が楽しみです。

 

別にヘレボのコレクションをするつもりはないのですが、ようやくこのあたりで見かけるようになってきて嬉しくてもうひと鉢一緒に買いました。(エヘヘ・・)

こちらはオリエンタリスという名札がついていました。

検索すると色んな色があるようですが、我が家のは

こんな姿です。

はい、大好きです。西洋オダマキを大きくしたような?(笑)

この株は余り丈夫とはいえないかもしれませんが、やはり開花株は目を惹きますよね。

玄関前の花壇のボーダーがほとんどシロタエギクとペラペラヨメナになってしまっているのでこのあたりでヘレボボーダーにしようかと・・・

頑張りまっす。^^

銅葉ヒューケラなど

すこし前に銅葉のヒューケラをアップした時にこれは花が咲かないのかな、なんて言っておりましたがそのすぐ後に咲き始めました。(笑)

もうかれこれ1ヶ月ぐらいは咲いているかと思います。

小さな小さな
普通のヒューケラの花より一回りも二回りも小さめの花です。

ヒューケラの花

そのとなりでは同じような色合いのダリアが咲き始めました。

ダリア ダリア2

もうこのダリアも家に来て数年経ちます。

その間植え替え無しで(ぎゃっ、ごめん)ずっと来ました。

ダリアにしては小振りな方なので扱いやすいです。

なんといっても色に深みがあっていいでしょう?

コチョウラン コチョウラン2

丁度ダリアやヒューケラと窓を隔てた反対側、つまりうちの中では

今頃コチョウランが咲いています。

春先にいっぱい蕾を付けたものの、すべて開花せずに落ちてしまいました。

昨年も同様でした。

水が足りないのかと思って霧吹きを頻繁にしたり悪戦苦闘しましたがまったく反応なし。

ある日、ゴルフ場で出会った友人となんとなくコチョウランの話になって

彼女いわく、胡蝶蘭は根っこも光合成をするので(現地では屋外の大きな木に寄生したりして生息するので)鉢は透明のじゃないとダメよと教わり、そういえば買った時は透明のプラスチックに入っていたなぁと思いあたって、とりあえず透明のがなかったのでなんと透明のセロファンに包んで今のところしのいでいます。

花が終わったら善処したいと思っております。(汗)

でも、そのおかげで今回はしっかり開花してくれました。

とっても嬉しいです。

もう一株は透明のプラ鉢ですが、どうも専用の用土を詰め込み過ぎみたいなのでこちらももう少し根っこが光を受けられるように改善したいと思います。

意外な友人から意外な教えを賜りありがたいことです。(これもゴルフのおかげ?(笑)