チビタの猫たち

野良たち

オルビエートのオステリーアでまずびっくりしたのですが、

チビタについて更にびっくり。

この辺りの猫はやたら大きいのです。

我が家にも結構大きなmomoなんていうねこがいますが、

比較にならないくらい大きいのです。

この写真では比べるものがないのでわからないでしょうが、

少々の大きさには驚かない私が言うのですから間違いありません。(笑)

しかもみんな個性豊かでしょ?

初冬の陽射しを楽しんでいるかのようでした。

Kenの命日

月日の経つのは早いものでKenがいなくなって丸1年がたちました。

これ以上何も書くことはありませんが、家族みんなで「もう1年なんだねぇ。早いねぇ」と話しています。

Hanaは相変わらずお腹に大きな出来物を抱えながらも元気に過ごしています。

Rudyは先日ご紹介したとおり。^^

4匹のニャンズたちに至っては相変わらず花の植わった鉢の上で昼寝をするものだから花達が可哀想。(笑)

そしてお腹をすかせては家に入ってきておねだりをします。

抱き上げるとにゃぁ~にゃぁ~と抵抗しながらも喉をゴロゴロ鳴らして本人たちもどうしていいのかわからない様子。(笑)

 

急に寒くなったイタリアです。

これからはニャンズたちも家の中で過ごすことが増えてきます。3brack

朝、窓の外で今朝は珍しく3匹が揃って私を待っていました。

1stripe

その3匹の黒猫たちを内側からジーが見ています。

4ニャンズ

「なんであなた達ねこまどを使わないの?」とでも言っているのでしょうか?
お勝手口のドアには下の方に猫がいつでも出入りできる扉があるのです。

ちなみに黒猫たちエンネ、momo、オットの順です。

この後みんな揃って朝食をとりました。^^

 

Kenの命日なのにニャンズの話になってしまいました。

 

ジーと花達

ジーと花達

いつも鉢の中か高いところで寝そべっているからニャンズたちの写真をなかなか撮ることができません。

どうしたことかジーがまるで「写真撮ってぇ」という感じで佇んでいました。
何やら考え事をしているようなのもきっとポーズなのだと思います。(笑)

さて、他の花達はといいますと・・・

プレジデント

きれいな紫色のプレジデント(クレマチス)が咲き始めました。

この色はホンモノにかなり近いです。

ネリー・モーゼル

隣のネリー・モゼルはもうバンバン咲いています。^^

芍薬 シャックヤク

こちらは大好きな白い花。シャクヤクです。

きっとボタンのほうが丈夫なのでしょうが私はシャクヤクのほうが好きだなぁ。

エンネ

キャハハハ・・・

エンネはオットの娘。
でも、ジーやmomoがお母さんの丸顔を受け継いだのに
エンネの顔立ちはちょっと違う。
逆三角形の顎の尖った美猫さん。

毛の質もすべすべの長い毛に覆われている。
食べ物は一番猫らしくさかなや生肉が好き。
殆どの時間を一人で過ごしているのでどこにいるのかわからない事が多い。

そんな謎めいた美猫のエンネのなんともひょうきんなショットを捉えたのでした。

思い出深いジーとのツーショット。

窮屈?

お勉強?

ああ、胡蝶蘭が・・・

momoはニャンズの中で一番若い。
怖いもの知らずで、ワンコたちともボディータッチを平気でやっている。
でも・・・
静かにうごく?殆ど動かない?(笑)KenやHanaは怖くなくても
ちょこまかと動きまわり、はねとび、時に「ワンワン!」と吠えるRudyは苦手。
しかも大きなKenとHanaは余程の雷でもならない限り家の中に入ってくることはない。
でも、Rudyは家の中で過ごす時間のほうが多い。

たいていはテーブルの椅子の上や、ソファの背もたれなんかに避難していると避けられるけれど、
やっぱり安心できる空間を開拓したい。

なぁんて思っているのかどうか、
今まで興味のなかった窓に昨日から陣取っている。

この窓は南向きで、窓の手前に奥行20センチ余りの空間があって、
そこに室内用の植物の鉢が並んでいる。

胡蝶蘭の二株もそこで、レースのカーテン越しの明かりですくすくと育って
今年も蕾が沢山ついていた。
そろそろ第2の報告をしようかと思っていたのに、今日発見したのはこんな姿。

つまり、momoが鉢の間に無理に割って入ったために胡蝶蘭の茎がポッキリと折れてしまったもの。
「あ~~あ・・・」私の口から出たのは言葉とも言えないため息だけ。(笑)

momoは、胡蝶蘭に悪さをしようと思ってそこに行ったわけじゃなし、
momoを叱ってもこうなったら手の施しようはないし、諦めるより仕方がない。

と、これは室内の話。
外の花はRudyが・・・とほほ・・・
Kenがまだ若かった頃も時々花の上を歩いていたっけ。(笑)
もしくは花芽の出かけたダリアの上に寝そべってもいたね。

囲いをしたらたいていは防ぐことができたけれど、
たまにトカゲを追いかけて囲いが見えなかったこともあったね。(笑)

あの頃のKen・Hanaはすでに8ヶ月ぐらいになっていたし、
もっと大きくなってからも何度か事故は起こりました。

今のRudyはやっと4ヶ月。
遊びたいさかり。
花壇も鉢も、土と見たらほじくり返したくなるらしい。
植え込んだばかりのプリムラはもちろんほじくってどこかに持って行ってしまったし、
バラの芽もかじるし、(棘が痛くないのかな?)
今日は残っていたボニカというバラの実を美味しそうに食べていた。(笑)

もちろん見つけたら注意はしているけれど、どこまでわかっているんだか。
でも、こんな可愛い姿を見るとあまり強くは叱れないのよね。(ダメなノンナ)