咲いていたのよ

うわっ、まったくピントがあってませんね。

とにかくこのオールド・ブラッシュ・チャイナ。

今年も一番乗りでした。

3月の終わりごろにすでに咲いているのを見て慌てて撮影しました。

蕾ができてだんだん膨らんで・・・という過程を一気に飛ばして開花という感じでした。(笑)

 

こんな無残な姿をお見せしていいのかどうか・・・つまり満開の時期はとうに過ぎてしまったということです。
毎朝、わっ、咲いてる、どんどん咲いてる、きれい!と思いながら日は過ぎて・・・

 

この真っ白なツバキも同じこと。

咲いてるなぁ、きれいだなぁと思いながら日は過ぎて・・

満開時はそれは見事でしたが今は下の方に散ってしまった花が山盛りです。(笑)

 

こちらは苺の花         

薔薇の根本にこぼれ種で増えたビオラが。

 

 

 

 

↑ 名前をど忘れ。冬場、枯れ込んでしまったかに見えていましたが元気に満開。

色の鮮やかな方はピカサが勝手に色鉛筆描に編集してくれたものです。
いつもは削除してしまうのですが、今回はいたく気に入りました。^^

そんなわけで庭が色づいてきました。なまけないで庭報告しなくちゃね。

 

エリカ=ヒース

エリカよりヒースで検索したほうがヒットします。

エリカで検索すると若いお嬢さんの写真が・・・(笑)

エリカ属には700種もあるそうですが、この辺りで見るのは数種類、中でもErica Cinereaというのが私は一番好きです。

ベルヒースとかスコッチヒースとも呼ばれるようです。
とっても繊細でいつも買ってきてはその花が終わるとダメになっていたのですが、初めて我が家で花をつけてくれました。

水やりの難しい植物なのでこれも半分ほどはダメになってしまいましたが残りに花がついて嬉しくてたまりません。

erica cinerea

どこに分類したらいいのかと検索したら常緑低木とのこと。

そうね、小柄でもれっきとしたツツジ科の樹木ですね。^^

スタージャスミン

スタージャスミン

イタリア名はリンコ・スペルマ(あるいはスペルマム)、でも偽ジャスミンという人もいるようです。

常緑で日向でも日陰でも結構よく育ち、(我が家はちょっと日陰。)寒さにも暑さにも強い頼もしい植物です。

刺し芽でも増えますし、何より香りがとってもいいので開花が待ち遠しいのです。

我が家の「ジャスミンの小径」と言うのは北側の垣根に、このスタージャスミンをたくさん植えているからです。

すでに1ヶ月ほど前からいい香りを放ってくれていますがまだ残っています。

伸びすぎた枝?茎?をすこしカットしたり、誘引するだけでまったく手のかからないいい子です。

スタージャスミン2

 

キンシバイ

キンシバイ

中国原産で日本への渡来は1760年頃だそうで、鮮やかな黄色のシベを金の糸にたとえて金糸梅。

耐寒性に優れ、我が家のは常緑です。

小さな鉢植えを買ってきたのに今やこんなに大きな株になりました。

キンシバイ2

ベランダから撮影してちょうどよい感じ。^^

春の陽射しを受けて

昨日に比べるとまた今日は7度ほど気温が下がったそうですが、確実に本格的な春になろうとしています。

ローズマリー

ローズマリーはご存知のようにハーブなのですが、私が植えた目的はどちらかと言うとこの花を見るためなのです。もちろん料理にも使いますけれどもしもただの植物だったとしてもこの花を見るために植え込んだと思うのです。

ご近所の家にローズマリーの、垣根というには低いけれど庭をぐるっと取り囲んでいて花がいっぱい咲いているのをみて私も庭にローズマリーの並木道を作りたいなと思いました。

並木道はまだ実現していませんが、門を入って右側には6株くらい並んでいるし、10年ほど前に挿し木をしたものも今たわわに花をつけています。

写真のはお勝手口の前にある鉢植えでまさしく料理用なのですが、こんなにたくさん花が咲いています。

葉牡丹

この可愛らしい花は葉牡丹です。

冬のアレンジ用に買ったままになっていたものです。そういえば何年か前に年越してくれた葉牡丹がありましたが・・・・これはどうしようかなぁこの先。

チューリップ

白いチューリップが咲き進むにつれてこんな可愛いピンクが差してきました。

昼間はこんな感じに開いて夜にはまたすぼんで結構長い間咲いてくれています。

シキミヤ

シキミヤ

何ヶ月もの間真っ赤な蕾のままでいるのですが今はこんなふうに満開です。

アザレア

白とピンクのアザレアを一緒に植え込んでいます。

水を切らして何度も危機を迎えた株です。(笑)

IMGP6153 IMGP6165

上段はスパニッシュ・ビューティー、下はオールド・ブラッシュ・チャイナの蕾でーっす。

陽射しの強さがよくわかるでしょう?