キャンブリア・プラッシュに寄せて

キャンブリア・プラッシュもmomoの被害にあってしまったようで
今日気がついたら花がついているところの茎がポッキリ。

写真にとっておいてよかったぁ、と思うと同時に
久々に絵にも描いておきたくなりました。

夕食後にささっと描いたので完成とはいえないのですが、
しっかり完成させる自信もないので今の時点で保存しておきます。

蛍光灯が暖色だったので、こうして写真にとったらちょっとさみしい感じがしますが、
まぁ、2年ぶりくらいに描いたので、自分では甘い点数をつけています。(笑)

虫食いトマト

先日紹介した我が家のトマトですが、
本当においしいトマトに当たったので、記念に絵にも描いてみることにしました。
絵に描いたのはちょっと虫食いのある、頭の辺りが割れてしまったトマトです。
それでも、そういうところを取り除けば立派にいただくことができておいしいトマトでした。

ずいぶんボタニカルアートから遠ざかっていたので、
やはり思うようには描けませんが、描かないといつまで経ってもだめだから
昨日は一日中これにかかりっきりでした。(笑)

まだまだ立体感にかけるし色の塗り方も荒っぽいし、
実物はそこそこでも、こうしてスキャンしてみるとさらにあらが目立って悲しい。
研鑽あるのみ。
わかっちゃいるのですが・・・

虫食いトマト

イラスト「ハリナデシコ」

今回はボタニカルアートではありません。
あくまでもイラストですが、
植物画への情熱を失っているのではないということを表明したくて。(笑)

ごらんのようにかわいいキャンパスを見つけたので買ってみました。
油絵用のキャンパスなので、色鉛筆ではどうしても荒くなってしまいます。
完全なお遊びですが、かわいいでしょ?^^

実物はもっとたくさんの花が咲いていて、
今一番お気に入りの花なのです。

ビコロールのバラ

バラのビコロール(2色咲き)にはいろんなタイプがありますが、
これは花びらの裏と表との色が違うタイプです。

イザベラ・ドルティツというバラで、
大輪というか巨大輪といったほうが良いくらいの迫力です。

昨年描き始めたのに、まだ葉っぱが完成させられないままです。

バラ Isabella

ジョビバルバ ヒルタ

多肉植物はごくわずかしか持っていないのですが、
割と気に入っているジョビバルバです。
恐ろしいほどのバリエーションがある種です。
うちのはその中でHirtaと呼ばれる固体です。

こういうのが3個鉢に植わっているのですが、
今日のところはひとつだけ。
又おいおいと付け足してゆくことにします。

jobibarba