Kiwiの収穫

Kiwi

 

我が家には3本のKiwiの雌木と1本の雄木があります。

つまりKiwiは雌雄の木を近くに植え付けなければ実がならないのです。

私が植えつけたのではなく、すでに庭にはかなり大きくなったKiwiの木が植わっていました。

でも、お茶に似た可愛い花を観賞するだけで実は放置していました。
これまでは何度か試食してみましたがあまり美味しいとは思えなかったのです。
しかもなんの手入れもしないし小さな実だったので鳥にすべて供給していました。(笑)

また、Kiwiは棚にしつらえるのでその棚の下からの収穫は結構物理的にも大変で農家の方はどのようになさっているのか知りたいところです。

Kiwi2

でも、今年は結構大きな実がたくさんなったので少し収穫してビニール袋に入れたまま暗いところに1週間ほど放置して追熟させたところなんと風味豊かな美味しいKiwiになりました!

我が家のKiwiを食べてスーパーで買ったのを食べるとスーパーのは何も味がないという感じです。

Paoloが毎朝果物を食べるので夏場はいろんな果物があって良いのですが、冬は柑橘類を食べない、りんごを食べないPaoloにはバナナとKiwiと洋梨くらいしか出してあげられません。

バナナと洋なしでは色合い的にも味気ないのでKiwiは少し色を添えるという意味でも欠かせないのです。

で、先日また大量に収穫しました。

棚の下から手の届く範囲で採れただけでもこんなに!!!

Kiwi3

かごが一杯になったのと疲れたので止めましたがまだまだなっています。

ゴルフ仲間にもかなりおすそ分けして喜んでもらえました。

な~んにも手入れをしないでこんな恵みを受けて申し訳ない思いです。

 

 

チビタの猫たち

野良たち

オルビエートのオステリーアでまずびっくりしたのですが、

チビタについて更にびっくり。

この辺りの猫はやたら大きいのです。

我が家にも結構大きなmomoなんていうねこがいますが、

比較にならないくらい大きいのです。

この写真では比べるものがないのでわからないでしょうが、

少々の大きさには驚かない私が言うのですから間違いありません。(笑)

しかもみんな個性豊かでしょ?

初冬の陽射しを楽しんでいるかのようでした。