怖がりRudyなど

小菊

花の写真を撮りはするのに、とっただけで満足してしまい

ついついここに掲載するのを忘れてしまいます。(苦笑)

この黄色い小菊はもう10年も毎年花をつけてくれます。

当初は園芸サイトのアドバイス通りに毎年新芽が出てくるとそれらを別の鉢に植え付けていましたが、最近は面倒でそのままにしていますが、春の終わらないうちから今頃までたくさんの花をつけてくれます。

今年は11月2日のイタリア恒例のお墓参りに先立って、10月の終わりにこの花をすっかり切り取ってほかの白い菊と薔薇などを添えてPaoloの両親のお墓に供えてきました。

ブルームーン

オレンジジョイ

そもそも私がたくさんの花を育てたのはそのためだったのです。

 

さて、今日のタイトルは怖がりRudy

何を怖がるかというと・・・それは風

KenとHanaは花火や雷を怖がりましたがRudyはそれらは平気です。

でも、ちょっと風が吹き始めると我々のところへすっ飛んできます。

我々がPCの前にいると机の下にはいり込んだり

ソファにいても顔を我々の体に押し付けてきます。

canefifone

昨日は試しにこんなものをかけてやったらおとなしくしていました。(笑)

そのうちに暑くなったのか逃げ出しましたが。

夜中風が唸っていたのでベッドから降りることはありませんでした。

私の体に自分の体を押しつけて寝ていました。カワイイ~❤

 

怖がりRudyなど」への4件のフィードバック

  1. まぁ、菊がたくさん咲いてすごいです!
    秋らしい華やかさのあるお供えになったことでしょう。
    白いハイブリッド・ティーって百合に負けない存在感がありますよね。
    (って、どのバラを合わせたのか聞いていませんが想像で・・・^^;)
     
    花火も雷も風も、結局は犬の苦手なものは「音」?
    一緒にいると暖かくていいですね、彼らの体温は高いし、心も温まれるし。

  2. 加藤さん、
    白いハイブリッド・ティーって私は書いていないのよ。
    加藤さんの頭のなかで夢が広がったのはよくわかりますが。(笑)

    白い菊と、薔薇はここに写っている2種を持って行きました。
    すべてを一緒にではなく、実はPaoloの両親の他に
    お祖父様とおじさまのお墓もあるのでいつも3つの花束を作ります。

    >花火も雷も風も、結局は犬の苦手なものは「音」?
    はい、私もそう思います。
    何しろ彼らの聴力は我々の想像を超えたもののようですからね。

    Kenがいた頃は雨が近づいてくるのを教えてくれました。
    遠くで雷が鳴っていると駆け込んでくるので
    それで何度も洗濯物を取り込むのに間に合いました。(笑)

  3. 全然関係ない話になっちゃうかな…
    先日テレビで面白い話を聞いたわ。
    犬は人間を人間?と認識してるそうだけど、ネコは人間のこと「不器用で大きなネコ」と思ってるんだって(笑)

    母も風の音が嫌いでヒューーーーーっという風の音を聞くと血圧が上がるの。
    Rudyと一緒?(笑)
    今の家に引っ越して風が吹いてても雨が降っててもサッシが頑丈なので聞こえないらしく(耳も遠くなってきたしね)よかったわ。
    すりすりされるとうれしいよね~

  4. まみるさん、犬と猫の話面白いね。
    そうかもしれないと思うわ。

    私もね実は風の音嫌いというか怖いのよ。Rudyの前ではそうは見せないけど。笑

    お母様、快適な家に移って良かったね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。