春の陽射しを受けて

昨日に比べるとまた今日は7度ほど気温が下がったそうですが、確実に本格的な春になろうとしています。

ローズマリー

ローズマリーはご存知のようにハーブなのですが、私が植えた目的はどちらかと言うとこの花を見るためなのです。もちろん料理にも使いますけれどもしもただの植物だったとしてもこの花を見るために植え込んだと思うのです。

ご近所の家にローズマリーの、垣根というには低いけれど庭をぐるっと取り囲んでいて花がいっぱい咲いているのをみて私も庭にローズマリーの並木道を作りたいなと思いました。

並木道はまだ実現していませんが、門を入って右側には6株くらい並んでいるし、10年ほど前に挿し木をしたものも今たわわに花をつけています。

写真のはお勝手口の前にある鉢植えでまさしく料理用なのですが、こんなにたくさん花が咲いています。

葉牡丹

この可愛らしい花は葉牡丹です。

冬のアレンジ用に買ったままになっていたものです。そういえば何年か前に年越してくれた葉牡丹がありましたが・・・・これはどうしようかなぁこの先。

チューリップ

白いチューリップが咲き進むにつれてこんな可愛いピンクが差してきました。

昼間はこんな感じに開いて夜にはまたすぼんで結構長い間咲いてくれています。

シキミヤ

シキミヤ

何ヶ月もの間真っ赤な蕾のままでいるのですが今はこんなふうに満開です。

アザレア

白とピンクのアザレアを一緒に植え込んでいます。

水を切らして何度も危機を迎えた株です。(笑)

IMGP6153 IMGP6165

上段はスパニッシュ・ビューティー、下はオールド・ブラッシュ・チャイナの蕾でーっす。

陽射しの強さがよくわかるでしょう?

 

ツバキ

赤・白・ピンクのツバキが咲いています。

子供の頃、特に高知県の田舎に住んでいた頃が子供時代のうちで一番幸せだったような気がするのです。

父は仕事が楽しそうだったし、母はすでに高血圧の診断を受けたあとでしたが結構元気で山へ芝刈りに(笑)行ったりしていましたし。贅沢はしなくても時々家族で旅行したりして・・・

その旅行先かどうか私には椿の花の印象が残っています。幸せの象徴のように。

どこでどんな椿の花を見たかは覚えていなくてもぼんやりと椿の花に好感を持っていたことを覚えているのです。

そのためか、今の庭にもいち早くツバキを数本植えました。
それらが全て育って、たくさんの花を見せてくれています。

ツバキ1

まずはこの巨大なツバキを見て下さい。私の手のひらをすっぽりと覆っています。つまり優に12,3センチはありそうです。

ツバキ2

上と同じ木の花で、まだ咲ききっていないので少し小振りですが整った美しさですね。色は本当はもう少し濃い赤ですが、光線が強くてこんな感じになってしまいました。

ツバキ白

ああ、なんと清楚な・・・

花の種類にかかわらず、白い花の5分咲きの姿が私は一番好きです。

ツバキ2色 ツバキ2色2

こちらは一粒で二度美味しいじゃないけれど(笑)一本の木から二種類の花が咲いています。しかもそれらが混ざって、3種類目も出てきています。3種類目は外側の花弁が赤で、内側の方がピンクという可愛いものです。(その写真がない!)

ツバキ3

これは一番古くからあるのですが育てるのに一番難儀をしたものです。植えた場所が悪かったのかよく枝が折れていました。ワンコたちの通り道に植えてしまったようです。

花は一番豪華で、バラの「イブ・ピアジェ」を思わせる八重です。うまく表現できませんが4つぐらいの花がぎゅっと固まって咲いているような感じです。

最初の赤と白はまだ鉢に収まっていますが、そろそろ定植しないとね。

野趣

事情があってこのところうちのゴルフ場が閉まっているので久々に庭仕事をしています。

で、気がついたら野生のアスパラガスがたくさんでていました。

asparagi asparagi2

使い慣れないカメラでピントがずれてますが・・・(汗)

こんなにたくさん一度にとれたのは初めてかな?

いつもは数えるほどのものを息子と二人で分けて食べていたのですが、今夜は一人で全部平らげました。

Paoloは「そんなもん」と請け合いません。都会っ子だから知らないのでしょう。

私だってイタリアに来るまで、いえ数年前まではこんなもの知らなかったのですが、野生のものを食べるという習慣は子供の頃から備わっているので抵抗なく食べられるのですが、根っからの都会っ子のPaoloには興味が無いようです。

子供のお箸ほどの太さで、ほろ苦いのですが確かにグリーンアスパラの香りがします。

葉っぱは栽培しているグリーンアスパラよりもうんと硬くて触ると痛いほどです。

育て方がわからないので葉っぱもそのままにしていますが新しいメは地面から出てきているので古い葉っぱは切ってしまっても良さそうです。でも、この葉っぱがないとどこにあるのか見つけられないし困ったものです。(笑)

 

4月に入ってまた寒さがぶり返し震えていますが、見回してみるといろんな花が咲きはじめ、バラの蕾も発見しました。

次回の投稿ではたくさんの花をご覧いただきますね。