ワルツ・タイム

3年ぐらい前に手に入れたと思うのですが、写真のラックにこのバラのは一枚もありませんでした。

毎年、少ししか咲かないし、なかなかきれいに咲いてくれなかったからだと思います。

ようやく株がしっかりしてきたのでしょうか?

まだ新しいシュートが伸びたりはしていませんが今年は少し多めの開花が望めそうです。

雨模様だったので切り取って撮影しました。

ワルツ・タイム

色目がわかるかなぁ?

我が家で唯一の紫のバラです。

窓の外にサフィニアの紫のがあるので実際の色を想像して下さい。

そして、このワルツ・タイムを盛り上げているのはホワイト・メイディランド。

この白い可愛いバラはグランドカバータイプということで本当に低く周囲に広がっていくのです。

今年はたくさんの花がついてその重みもあってさらに地べたに・・・

どうもバラの花が地べたをはっているのは見たくないですね。(笑)

しかも雨がふりだしたのでこのまま放置すればまだまだたくさん咲きそうだったけれど思い切ってかなりカットして屋内へ。

真っ白なバラだけだと少しさみしいですが、ワルツ・タイムがきゅっと引き締めてくれました。

 

饗宴2014

バラはけっこう年中楽しませてくれるのですが、
やはり5月半ばというのは饗宴と呼ぶにふさわしい時期だと思います。
こんなに一斉にしかも元気良く咲く季節は他にありません。

では順に見ていただきましょう。

クイーン・エリザベス

毎年、安心して待っていられるクイーン・エリザベス
背丈があるので今回は2階のテラスから撮ってみました。
これからなが~い間、楽しませてくれます。

共演6

これも上からとりました。
ヴィルゴ、キネンシス・ムタビリス、アラスカ、ポールズ・スカーレット、ピエール・ドゥ・ロンサール、の咲き乱れている一角です。

Yuko

Yukoと言うのは私が勝手に名づけたものですが、いつも元気いっぱいの友人Yukoさんに捧げたバラです。

ボニカ

ボニカはとにかく可愛いバラ、褒め言葉にもいろいろありますが、ボニカには「かわいい!」が一番似合います。

フェルディ

フェルディとこちらでは呼ばれていますが日本のバラで「花見川」今は亡き鈴木さんのお作りになったバラです。
本当に川の奔流のようにたくさんの花が一斉に咲きます。

ジャルダン・ドゥ・フランス

ジャルダン・ドゥ・フランス
かなり初期の頃に買い求めたバラで、当初名前を知らずに「フランスのお嬢さん」と呼んでいました。
昨年かなりカットしたのでことしは花数が今ひとつですが、株が元気になってくれていると信じています。

共演5

玄関前のバラ花壇を横からとったもので、しえすた、ジャルダン・ドゥ・フランス、ボニカ、ピンク・サクリーナ、などの間に少し色目が違うのはエルです。

ヴィルゴ

人気者のアイス・バーグのお母さん、ヴィルゴ。
清楚で美しいバラです。

共演4

手前からピエール・ドゥ・ロンサール、ポールズ・スカーレット、アラスカ、そして上で紹介したバラたちに続きます。

ピエール・ドゥ・ロンサール

ピエール・ドゥ・ロンサールは一番花びらがぎっしりのバラです。(笑)
もちろんこのバラの美しさはそれだけではありません。
ほのかなピンクの染まり具合がなんとも言えないし、うつむき加減に咲くところも奥ゆかしい。

共演3

今や定番となった我が家の主役二株。
ピエール・ドゥ・ロンサールとポールズ・スカーレットの共演です。
3枚続けてみてください

共演2

共演1

ヒューケラ

一息入れるためにささやかなヒューケラを。^^

パレ・ロワイヤル2

こちらはパレ・ロワイヤル。
ことしは太くて元気なシュートが伸びて、今のところそこにのみ花がついています。

遠目にはピエール・ドゥ・ロンサールとの差があまりわかりませんが、咲き進むと真っ白になっていきます。

パレ・ロワイヤル

グラミスキャッスル

クレア・オースティン(昨日はグラミスキャッスルと書いていました。よく似ているのよ(笑)はイングリッシュ・ローズで、やはり我が家の他のフランスのバラたちとは全く雰囲気が違います。
蝋細工のようなううす~い花びら、優しげな面差し、エレガントで上品なバラです。

ああ、し・あ・わ・せ。(笑)

コレットなど

クリムソン・グローリー

ことしはご覧のように選定無しで放置しておいたらバラの特性で先端に花がつくのでこんな姿になりました。

ロサ・モーリス2 ロサ・モーリス

野生のバラ ロサ・モーリスはことしも元気。
ダイダイと同じ鉢で暮らしています。

ダイダイ

アンドレ・ル・ノートル

アンドレ・ル・ノートル
香りの素晴らしいバラ、色あいも微妙でファンが多いのです。

テーテ・ドール

いつもより早めに元気良く咲き出したテーテ・ドール
今までアップしたことがなかったのでしょうか?
ググってもヒットなしでした。(笑)

コレット横顔 コレット

コレットは可愛いくて元気なバラ。

リン・レノー

リン・レノーがとても大きくなり、私の背丈ほどになりました。
花も大振りで、早くから楽しませてくれています。
フルーツ系の香りの素晴らしいバラです。

ほかにも?はい、咲いていますよ。
またこの次にね。