おひけぇなすって

おひけぇなすって、おひけぇなすって、・・
さっそくおひけぇくだすって、ありがとうござんす。

てめぇ、生国と発しまするはカルピネート・ロマーノでござんす。
カルピネートと言ってもイタリアにはいくつものカルピネートがござんすが、
ロマーノとつくからにゃぁ、世界の首都ローマ県下のカルピネートでござんす。

トリノオリンピックで世界中に知れた旗振りの名手たちのいる街。
住民の大多数が、何がしかの楽器を演奏するという音楽熱の高い街でもござんす。
街にはカラバッジョの名画もあれば、2011年には教皇とかっていうどこかの国のお偉いさんが、
派手な衣装でやってきたところでもござんす。

おとっつぁんはピッツブル(ピット・ブル)
おっかさんはボクサーという過激な両親のもとにうまれやした。
てめぇ、若干生後1ヶ月にて、今のところ両親とは似ても似つかぬやわな野郎でござんす。

縁あって、Yoskeとそのガールフレンド、更にそのガールフレンドの兄貴の3人の世話になることになりやした。
3人ともあまり責任感がないんじゃないかと思えるフシもござんすが、
今のてめぇには唯一の保護者たち、頼みの綱でござんす。

ただ、二日目にしてすでにYoskeのおっかさんのところにお邪魔しておりやす。
このおっかさんは、なぜかほっとするおばさんでござんす。
このおばさんに寄りかかっていると、安心してねむけがおそってきやす。
おっと、いけねぇや、不覚にも自分のおっかさんを思い出して涙ぐんでしまうところじゃねぇか。

いっぱい食べて大きくなって、両親の名に恥じない威風堂々たるわんこになるように精進してまいりやす。
どうぞお見知りおきくだせぇ。

部屋の中では・・・

コチョウランに花茎があがってきました。

昨シーズンは見事にたくさんの花をつけてくれた優秀な胡蝶蘭二鉢です。
その立派な姿を皆様に見ていただく事無く済ませてしまって、気を悪くしているかも・・・(笑)
一株は白い花、もうひとかぶにはピンクの花がさきます。

そして年中ほとんど絶えることなく咲いてくれているのが、このセントポーリア。
はっぱをさしてふやした株です。

イタリアでは、ビオレッタ・アフリカーナ
つまりアフリカのすみれと呼んでいます。

母娘

猫って狭い所が安心するんでしょうか?
時々どこへ潜り込んだのか、とんでもない蜘蛛の巣をつけてかえってくることもあります。(笑)

今日は私がPC室にいたので、そばの本棚の中に先ずジーが入り込んでいました。
彼女の存在を忘れた頃、オットがやって来ました。

しばらく様子を伺うようにして、エイヤッと登っていったので、
さっきまではジーがいたけれど、今度はオットの番なんだと思っていました。
暫くして何気なく中を見てみたら、なんとジーとオットが並んでいました。
こんなにくっついている姿を見たことがありません。

ジーとエンネは小さい頃はよく一緒にいたものですが、大きくなってからはいつも別々。
ジーとモモが割と近くにいることが多いのですが、実は彼女たちは犬猿の仲なのです。
ケンカするなら距離を保っていればいいのにね。

とにかく上の写真では真っ黒なオットが殆ど見えませんね。

少し寄って撮って見ました。
フラッシュ無しで、ISO6400でとりました。