ピンクが主流?

久々に庭の写真を撮りました。
私って本当に不器用で、何か心配事があったり期限が迫ったりしているときはほかの事が手につかなくて、
庭には静かながらもいくつもの花が咲いているし、新入りさんも迎えたというのに写真を撮らずにいました。

でもってまたたくさんですが見てくださいね。

こうしてみるといつになくピンクの花が多いですねぇ。
がらはほかにも咲いていますが、またバラ百選のほうでご紹介しましょう、いつの日か。(笑)

夏野菜もまだ多少残っていますので日を改めて・・・

ジーが一番のり!

先日、新しいネコ専用の出入り口をご紹介してから、
毎日何とか慣れさせようと必死になっているのに、なかなか慣れてくれず、
いまだに私が開けるまでじっと待っていたニャンズなのですが、
今夜やっと新たな動きがありました。

えさを、わざとこの出入り口の前に並べておいてあるのですが、
夕食には若干のカリカリに、いいにおいのする(猫たちにとって)缶詰を開けて加えます。
そのおいしそうなえさをわざと外で待っている彼女たちの前で4つの器に分けていたら、
3っつめぐらいのところでジーが自力で入ってきました!
初めての快挙です!

えらいぞジー!
やったねー。
このおいしいえさを思う存分食べるがいいわ。

ほかの子達もほしかったら入ってきなさい。
ジーができたんだからあなたたちにもできるはずよ。

でも・・・・
今夜はジーだけでした。
ほかの三匹はPaoloが帰宅したときに便乗して滑り込みました。(笑)

この出入り口についているプラスチックのドアは、
少々の風などではあかないようにかなり強い磁石で止まるようになっているのです。
ですから私が試しに寝転んで鼻先で開けようとしても(笑)結構な力が要りました。
だからもしかしたらうちの猫たちには無理かと思っていた矢先です。

Paoloいわく、「今までだって買っていった人もいるし、売り出す前に実験もしたんだろうから
猫の力であかないはずがない、うちの猫たちは世界一馬鹿なんだ。」
ということでしたが、私はのんびりと、そのうち覚えてくれるだろうと思っていたのです。

そこで、ほんの少しだけ開けて通していたのですが、
おいしそうなにおいにジーが果敢にアタックしてくれたというわけです。
これで、ジーがお手本を示せば、ほかのニャンズたちもすぐに覚えてくれることでしょう。

やれやれ、寒くなる前に何とかなりそうでほっとしました。

ニャンズ用出入り口

お勝手口のドアは、内側からしか開かないし、外から閉めることもできなかったので、
少し改良することになり、外からでもしまるし、鍵がかかるようになりました。
これからは玄関を使う率が少なくなりそうです。^^

これを機会に、ここにニャンズ専用の出入り口を設けることにしました。
夏場はほとんど開けっ放しだからいいけれど、これから寒くなってきたらそうも行きません。
4匹のニャンズがでたり入ったり、朝・昼・晩の食事時間はもとより、
それ以外にも何度も出入りする彼女たちのために、こんな出入り口をつけてもらいました。

でも、まだ彼女たちはおっかなびっくりで、私が手を添えて開け放ったところをまずオットが入ってきました。
さすがはお母さん、肝が据わっています。^^
次にそこを通過したのはエンネです。エンネは空腹には耐えられないタイプだから。(笑)
momoとジーはまだだめです。

ジーはこの写真をとった後、くるっと回ってほかの出入り口から入ってきました。
まぁ、そのうち慣れてくれるでしょう。

とんぼのめがね

♪ トン~ボの めが~ねは~~みずいろめがね~
あ~~おい おそらを とんだから~~~
と~~んだか~ら~~~♪

玄関前の階段に大きなトンボがいました。
止まっている姿のままで息絶えていました。
息子が学校から帰ったときに発見して写真を撮ってくれました。

本当に青いめがねのトンボです。

きれいな姿のままで死んでいたトンボ。

わんもニャンも関心がないようで、そばにいながらごらんのように思い思いの場所で横たわっていました。
わんもニャンも動かないものは面白くないのでしょうね。
われわれだけがわぁわぁ騒いでました。(笑)

飛んでいるときはなかなか写真にうまく納まってはくれませんから。

こちらも飛んでいるときは難しいチョウチョ。
お勝手口のガラス窓に止まっていました。
ちょっと鏡が見たくなったのかな?(笑)
そうでもなけりゃこんなところにとまるのはおかしいよね?
近くにいろんな花が咲いているのにさ。^^