この時期は・・・

————————————————-

球根植物が庭をにぎわせてくれますね。
手元にある、1年に2日か3日しかつけない園芸手帳に、(笑)
2009年の秋に買った球根のリストがありました。

スイセン テータ・テート(テート・ア・テート) 20球
ミニクロッカス ミックス 10球
ヒヤシンス フォンダン+ピンク 8球
イキシア 50球
アネモネ セント・ブルジッドほか 30球
アリウム パープルセンセーション  5球
マドンナリリー 1球
原種系トゥリパ(チューリップ)ヨハンシュトラウス 10球
原種系トゥリパ(チューリップ)ショーウィナー 12球
原種系トゥリパ(チューリップ)タルダ(ダシステモン)10球

それらを全て鉢植えにしました。
14号鉢が二つ。10号鉢が3つ、9号鉢が1つです。
よく、球根の植えつけ方を見ると球根の間隔を結構あけて植えるように指示されますが、
長年植えっぱなしの場合は球根が増えるのでそうしないといけませんが、
たくさんの花を見たい場合には結構ぎっしりとくっつけて植え込んでいいようです。

で、今回は鉢植えなので後者の方法にしました。
しかも、球根の芽が出るまでの間、裸んぼうでは寂しいので、
すでにポットにあげておいたビオラとロベリアを植え込みました。

一応、それぞれの鉢に何を植えたか配置図も一緒に記入してあります。
汚くてお見せできませんが、描いておいてよかったと思います。
鉢に、球根の袋にあった写真をくっつけてはありますが、
イラストのほうがわかりやすいです。

なんといってもごらんのように元気なビオラで鉢が覆い隠されてしまってますから。(笑)
ビオラ

残念ながら、ロベリアは1月まで、同じように鉢を多い尽くしていたのですが、
1月の雪やあられや寒さでだめになってしまいました。
一番に咲き始めたのはミニクロッカスと原種チュリーップ。

ところが・・・
この原種チューリップはあまり日差しが強いと背が伸びないタイプだそうで、
地面から直接咲いています。
なんだか福寿草みたいです。(笑)

ヨハンシュトラウス こんな風に咲くはずだったのが、

我が家ではこんな風になっています。ヨハンシュトラウス2

ミニクロッカスと大きさを比べていただくとお分かりのようにとっても小さなチューリップです。
この手のチューリップはスイレンチューリップと呼ばれるカフマニア種で、
日が当たりすぎると我が家のような姿になるのだそうです。
チューリップ、とひとくくりにして植え付けのときに下調べを怠ったためにこんなことになりました。
新しいものを扱うときには勉強を怠ってはいけないと反省。

同じ仲間のショーウィナーもこんなになってしまいました。
きれいな真っ赤で、昨日までは口紅が地面からのびていたような感じでした。(笑)
ショーウィナー

————————————————

お久しぶりですぅ

——————————————-

雨続きで外にいるわんこたちの写真はまだ撮れません。

にゃんずはみな、ごらんのようにふくよかでたくましく育っています。

一番威勢のいいのはmomoです。
とくにジーとはよく「真昼の決闘」を演じています。

甘えん坊で、私がPCの前にいるとすぐにひざにのってきます。
そして下のほうから私の顔を見上げ、前足を伸ばして何か言いたそうにしています。

オットはミセスの風格を伴ってきました。
少し太っていることと、とくにその首周りのマントがいかにも豪華で、
PaoloはオットをContessa=伯爵夫人と呼んでいるほどです。(笑)
この伯爵夫人はパンが好きな変わった猫。

エンネは、われ関せずの一匹猫です。
でも、だからこそ誰とけんかするでもなく、大方の時間を外で過ごしますが、
抱かれてもそんなに抵抗するでもなく、時々はわれわれの寝室で寝ています。
一番スマートで、毛が一番長いのもエンネです。

写真の中で唯一2匹が一緒にいるのはmomoとエンネです。
momoが眠っているそばに、エンネがそーっと近寄っていきました。
時々目を開けたmomoも相手がエンネだったからかどうか、
そのまま眠り続けることにしたようです。

ジーはPaoloのお気に入り。
猫にも色や形の違いがわかるのかどうか、
ほかの三匹が一緒でもジーだけ離れていることが多いです。
そしてどちらかというと、にゃんずと一緒にいるよりは
われわれのそばにいるほうがいい猫です。

どうやら父親の血を一番受け継いだようで、体格が立派で、
一番重いのもジーです。
毛が短いのであまり大きくは見えませんが。

オットが1匹でいたころは寝室に入ってくるのを嫌がっていたPaolo.
それが今では冬だというのに寝室のドアも閉めずに寝るようになりました。
年老いて優しさが増してきたのかな?

(写真の左上に名前が出ます。)
——————————————-

立春ですって?

——————————————-


昨日の朝、庭はところどころ薄化粧。

それでも昼間はいいお天気で、久しぶりに庭の花たちや、
木登りしているにゃんこをパチリ。

——————————————-