ホワイト・メモリーズ

————————————————————-

アイスバーグに、あるいはカルテ・ブランシュに似た
小ぶりの白いバラ、ホワイト・メモリーズ。

この株も、スーパーマーケットで買った期待薄の一株でした。
なかなか成長を見せず、何度もだめかなぁとおもった春先でした。
ところが、次第にぽつぽつと花をつけるようになり、
このところずっとこんな調子で咲いてくれています。

病気もなく、花の終わりもさほど見苦しくなく、
またしてもお買い得のバラでした。
香りがないのが残念ですが、
遅咲きで、
真夏に咲いてくれるのはとってもありがたいです。

————————————————————-

残暑厳しく、カンディアが仲間入り

日本の各地では初秋の便りが聞かれているというのに、
こちらではまだ昼間の最高気温が39度を記録しています。

朝方には10数度に下がるので、シーツを手繰り寄せ、
今年はあまり寝苦しいと思ったことはありませんでしたが、
植物には結構厳しい残暑のようです。

ごらんください、こんなにバラの葉が焼けてしまっています。

焼けたバラの葉

焼けたバラの葉

そこで、今頃になってこんな日よけを設けました。
おそらく7月の頭から必要だったのではないかと思います。
これではバラが咲いた時によく見えないので
来期はもう少し高めに何かしつらえねばと思っています。

日よけ

日よけ

そして・・・
どさくさにまぎれてまたひとつ、新しいバラが仲間入り。

カンディア・メイディランド

カンディア・メイディランド

  
カンディア・メイディランド アップ

カンディア・メイディランド アップ

カンデイァ・メイディランドと申します。
どうぞよろしく。^^

アストロノミーアの色を濃くしたような印象です。
花つきが抜群によさそうなので、
もう2株ほど買ってこようかと思っているところです。
はい、ほれ込みました。(笑)

まだ小さなポットに入ったままで、
実は先日水遣りを忘れていて枯らしたかと思ったのですが、
一晩越水につけておいたらよみがえりました。

まん1さい

————————————————————-

8月20日はジーとエンネの誕生日でした。

(デスクトップコンピューターを使えるようになったので、
いろいろと再インストールなどしているうちに21日になってしまいました。)

何かご馳走をと思い、とりの胸肉を買ってきて、
調理しようと切り始めたらオットがやってきました。
彼女はトリの生が好きなので少しあげていると、
エンネがやってきたので同じものをあげてみましたが、
最初は見向きもしませんでした。

でも、少しカリカリを食べた後でやっぱり気になったようで、
戻ってきたときにはおいしそうに食べていました。

気がつくとオットがいたところにはジーが座っています。
で、彼女にも少しあげたら喜んで食べました。

そこで、満1歳の誕生日のご馳走は、
鳥さしになりました。(笑)

わんこたちは、生は食べないので、さっと湯通ししてあげました。
おこぼれにあづかって喜んでいることでしょう。

久しぶりに彼女達が生まれたばかりのころの写真を見て楽しんでいました。
皆様にもぜひご覧いただきたいのですが、諸事情があってまだアップできません。

KenとHanaの誕生日にはいつもハッピーバースデーを歌うのですが、
この時期、外にばかりいてにゃんずはじっとしていないので、
歌もなく、気の抜けた誕生日になってしまいました。

————————————————————-

腰にきたぁ

————————————————————-

いやぁ、庭仕事は腰にきますねぇ。

今日は久々にこまごまと庭仕事に明け暮れました。

種まきの期間が7月までになっていたロベリアの種があったので、
7月30日だったかに、ヴィオラと一緒に種まきをしました。

でも・・・いま気になって調べてみたら、
種まきの季節は3月と、あとは9〜10月なんですね。
私、開花時期と見間違ったのかなぁ?

とにかく芽は出てきました。
種の大きさが、砂粒よりも小さい位だったので、
ふたばの大きさも想像していただけるかと思いますが、
とにかく小さい。
1本ずつ植えかえるのは不可能に近く、
少しまとめて3号ポットに移植しました。

何となく不安が一杯。^^

ビオラも植えかえました。

ごぼう、にんじん、葉大根、わけぎ、水菜、、三つ葉、
ブロッコレッティも同じ日に種を蒔いておきました。
三つ葉以外はやはり移植の時期になっているので、
とりわけ、ごぼうとにんじんは深さがいるので、
いつぞやご紹介した古いバスタブに移植しておきました。

水やりを忘れないようにしないといけません。
畑は、今年はほったらかしなのでからっから。
1時間放水しておきましたが、
水を止めに行ったときに見てもまだからからでした。
ブロコレッティを植え付けるには明日頑張って耕さないといけません。

こういう仕事にはいるまえに、
水撒き用のホースを整備しました。
庭のあちこちに給水栓を儲けたのは3年前になるでしょうか。
昨年も考え抜いてホースの長さを決めたのに、
冬場、使わないときにみんなまとめて納屋に放り込んで置いたら
どこに使っていたのか分からなくなってしまっていて、
一番長いのをズルズルと引っ張って、あちこち移動させながら
水撒きをしていたのでした。

今年はしまうときにしっかり場所を明記しておこうと思います。^^

手元にある材料だけで済まそうと頭を使って
ホースをつないだり戻したり、
頭だけじゃなく、腕力もかなり使いました。(笑)

昼食をはさんでこういう仕事を夕方7時半迄やっていて、
夕方の水撒きの時間になった途端に腰がいうことをききませんでした。
その後の夕食の支度時には最悪の状態。
でも、しっかり作って食べましたけれど。(笑)

夕食後、5日ぶりにキャンプから帰ってきた息子の話を
ゆっくりと聞いて、今は腰の痛みもよくなりました。
明日がちょっと怖いけど。

————————————————————-

バラの切花

————————————————————-

バラの切花

バラの切花

3日前、風がどんどん強くなり、
雷がなり始めたので、
ベランダの渕においてある鉢を内側におろし、
咲いていたバラをほとんど切り取って、家の中に取り込みました。
ピンク組と、オレンジ組と紅白組の3組に分けて花瓶に。

たくさんのうすいピンクはフレデリック・ミストラルです。
(濃いピンクがイザベラ・ドルティツ、杏色はザンブラです。)
あのいじけた株だったのが、元気にたくさんの花をつけてくれています。

オレンジ・ジョイも最初は飽きる色かなと思ったけれど、
なかなかどうして、いい味わいです。
(真ん中は、ニコラス・ユーロー)

白いのは、アイスバーグとそっくりの、ホワイト・メモリーズ。
この株もとっても小さくて心配していましたが、
アイスバーグに負けないほど絶えず花をつけてくれています。
(赤は、ブラック・バカラ)

画像では識別できませんが、じつはもう一つの白いバラは
スワニーというバラです。

どうやら本体は枯れてしまったようなのですが、
最初のころに何本も挿し木をしておいたので、
今、その挿し木組が頑張ってくれています。

本体は幹の直径が6センチほどにもなっている古いものです。
この挿し木がそんな風に大きくなるまで何年かかるのかしら?

PCの事情が事情なので、写真の少ない記事なりました。^^

————————————————————-