立場逆転

少し前にジーがオットに対してふーっと怒りを表すといいましたが、最近はその反対で、オットの方がジーやエンネに対して威嚇しています。時にはすばやい猫パンチも登場します。(笑)やはり皆様のご意見にあったように、彼らは人間と違って親子の感情をずっと持って生きていくのではないのでしょうね。一緒に庭を駆け回っていることもあれば、そばを通っただけで威嚇したりして・・・わけがわかりませんが、とにかく共存しています。メスが3匹、もしも娘が3人いたとしたら、もっともっとわけがわからなかったことでしょう。(笑)P1100430.jpg P1100480.jpg怖がりやさんで、家にいるほうが好きなジーと母親譲りのおてんばエンネです。

新緑

P1100413.jpg窓から差す陽の光に敏感に答えて、新緑の葉っぱたちが呼吸している。白い花をたくさんつけてくれるベゴニア   P1100414.jpgこちらはいささか大きくなる木立ベゴニア  P1100416.jpgP1100418.jpg  短日処理をしていないのに今年ははやくから花芽がついたカランコエ。元はスーパーのクリスマスプレゼントとしていた抱いたもの。^^こちらは八重咲きのカランコエ。 かわいいのよ。P1100420.jpgP1100422.jpg  たくさんのゼラニウムも最初は家の中に取り込んだけれど、カビてきたので今は外に。この株のみ保険の意味で家の中。最後は小さなシャコバサボテン。   P1100424.jpgすでに秋口たくさんの白い花を見せてくれた。でもよーく見るとまた花芽ができそうな気配。陽だまりではみんな楽しそう。

スイートアリッサム(Alisso)

400-2.jpg スイートアリッサムとの出会いは確かマーガレットや何か、春にたくさん買い込んだときのおまけにつけてくれた花でした。小さなポットに入った白いスイートアリッサム。とってもかわいくて好きだなぁと思っていたら、すぐに鉢いっぱい成長しました。友人にも40センチほどのプランターに植えたものをプレゼントしました。そしてある時期、急に花が見えなくなったのでどうしたのかと思ってよく見たら、ちょうちょの卵がたくさん鉢の中に・・・孵化した青虫がどんどん花を食べているのでした。カテゴリーを多年草と1年草にしたのは、本来は多年草ですが、やはり霜には弱く、また、夏にかれてしまうことも多く、日本ではほとんど1年草扱いだということなので。これまで圧倒的に白が多かったのですが、CIMG4261.jpg P1030718.jpgCIMG4569.jpg P1010291.jpgこの赤紫、 P1100385.jpg P1100070.jpg  かわいいでしょう?もう2ヶ月ほどもこのままです。(笑)こちらも同じ色、 CIMG2004.jpg でも少し前にほぼかれました。もしかしたら乾かしすぎたかも・・・冬は庭に水をまく必要がないので、鉢物にもつい水を上げるのを忘れてしまいます。ただ、かれてしまうまでにたくさんの種をこぼしていたようで、今、小さな芽が鉢を覆っています。でも、どうしてもこの鉢にヒューケラを移植したかったので、鉢の中身をそっくり庭に埋め込みました。ヒューケラもスイートアリッサムもどちらも元気で育って欲しい。

その後のオットとG・N

毎日少しずつ近寄っているオットとG・Nです。もちろんオットのほうは最初から今までと同じですが、娘たちの態度に戸惑っているばかり。エンネはすでにオットと肩を寄せ合って食事もすれば行動もともにしています。でも、以前のように重なるようにして寝ることはありません。寝るときには少しオットからはなれて寝ています。P1090766.jpg テニスボールで遊ぶエンネ。ジーもオットと鼻をくっつけるところまで行き、昨日はおしりのにおいをかいでいたので、これで母親だとわかるのではないかと思っていたのですが・・・たとえば食事のときなど夢中で食べているときはオットがそばにいても気がつかないのに、ふと気がついたとたんに「フーッ」(笑)今朝はそういいながらも食べ続けていました。昨日までは台所の下に隠れていたのですから大接近です。こういう事態になって今まで以上にわれわれに甘えているジーです。P1090778.jpgオットは久しぶりに今も私のPCの横で眠っています。もしかしたら寂しい反面少しほっとしているかもしれません。8月20日以来、母親としてがんばってきて少しつかれているのかも。こうして一人っきりでいることなんてずっとなかったから。でも、もうこういう姿は見られないのかなぁ・・・・P1090932.jpg

サザンカとミモザ

P1040475.jpg  昨年もう終わりかけのミモザを買いました。画面左のほうのひょろっこい黄色の花のついているのがそうです。小さいけれど、結構花が咲きました。 P1040478.jpgボケボケですみません。その後どんどん成長して、今は見上げるほどになっています。相変わらず幹は細くてなよなよしていますが、秋口から房ができて、もうこんなになっています。P1100401.jpgミモザは3月8日の「女性のお祭り」の日の花なのに、今年は先に咲いてしまいそうですね。今日のカテゴリーを常緑低木にしてありますが、ミモザは結構大きくなります。あるサイトでは常緑高木とありました。またあるサイトでは常緑小低木となっています。さて、こちらはサザンカ。 CIMG4559.jpg買ったときはこんな感じでやわらかいピンクで八重咲きだったのに、今咲いているのはほとんどひとえに近く、色はうんと濃くなっています。P1100391.jpg土壌によるのでしょうか?それと、正直言ってかなりつれなくほったらかしにしていました。肥料もぜんぜんあげていない状態です。ほかの低木のそばで日当たりもよくなかったので昨秋植え替えました。これからは少し手入れをして、また八重の花をつけてくれるようにがんばります。ええ、一重は一重でかわいいですけどね。この個体の本来の姿に戻してあげたいと思うのです。