追い込み~~~

昨日に次いで(昨日の分は日記で紹介しました。)今日も少しクリスマスの飾りを作りました。P1090894.jpg去年のリースを分解してベースは再利用。今年は藤の茎のベースをまず綿で巻いて、その上をきれいなテープでぐるっと巻きました。このテープの両端に細い針金が入っているので形取り易いです。シックなテープが見つかってよかった。そこにブラックバッカラというバラのドライと、ヘリクリサム(ムギワラギク)のドライを。ヘリクリサム(ムギワラギク)は、開花期も長く楽しめこんな素敵なドライフラワーになってくれてとっても得をした気分。P1090891.jpg P1090890.jpgそして、ついにクリスマスツリーも完成!このツリーは息子の初めてのクリスマスから使っているので、もう17年目。全部組み立てると2メーターを越すので、今年は一番下の大きいのを使わないで、小ぶりに仕上げました。なぜなら子猫が2匹、いろいろやってくれるのがわかっていますから。飾りにもガラス細工はご法度。(笑)落ちても壊れないようなものばかりにしました。P1090842.jpg P1090844.jpgツリーの箱を開けたとたんにこれ ↓ ですから。(笑)P1090836.jpgそして組み立てた後は・・・P1090858.jpg P1090869.jpg今年は星型のTopではなく、こんなのをつけました。とっても気に入っているんです。 P1090847.jpgアラ、こんな飾りはつけた覚えはありませんが・・・P1090880.jpg

キャンドルベース?

なんて呼ぶのかわからないなぁ、クリスマスのテーブルに置くキャンドルの飾り。一応キャンドルベースとしておきましたが・・・・そしてこの日記に書くべきか、花はな・ワン・にゃんのほうか迷いましたが、ガーデニングではないしここにしました。でも材料はわが庭のものばかり。P1090707.jpg P1090708.jpgP1090709.jpg そしてドライフラワーも登場。P1090710.jpg P1090711.jpg唯一買ったものはこのてんとう虫    P1090729.jpg四苦八苦した後はこんな感じ。P1090725.jpg P1090727.jpg両隣と、24日に招待してくれている女医さん、Lianaの分だけ作りました。間に合えば我が家用も作ろうと思っているのですが・・・

木登り

今日は晴れ間が出ました。
そこで、オット一家は庭で木登りに明け暮れていました。
庭に出て、KenとHanaに遭遇したらどのようにしたらいいかということを、
オットが教えているように見受けられます。

まず車の下に隠れること。そして木に登ること。(笑)
いちど、Hanaの接近にぱにくったエンネがあまりに高いところまで上ったので
降りられないのではなかろうかと助けにいったらすでに自分で降りていました。
この母猫にしてこの子猫あり!です。(笑)

P1090695.jpg

今日この頃の花

暴風雨がまた戻ってきました。Venezia は毎日のように潮が上がっていますし、アルプスのほうでは雪の被害、その他の地域もいろいろと大変です。今日の午後の庭の様子です。P1090590.jpg雨はまだ降っていますが風はおさまりました。ここは、PC室から見える場所で、定点観測地点ともいえます。この写真では見にくいですが、手前の真ん中にはクイーンエリザベスというバラが、向かって右には夾竹桃、左にはまみるというバラと、くっついて花ざくろが並んでいます。その後ろにイチジクと柿の木があり、ごらんのように残り少ない柿の実が初冬を物語っています。花は玄関先と家の南側の壁沿いに避難させてあります。寒さに弱いものは家の中に取り込みました。でも、家の中で十分な日差しを得ることができる場所は限られてるため、残りは階段が比較的広いのでそこに並べました。でも、日照不足で見る見る色があせてきています。一日も早く屋外で、寒さを防げる方法を考えなければ、しかも毎日の手間が余りかからない方法を・・・雨なので玄関先の花だけちょっと撮ってきました。P1090592.jpgP1090593.jpg香りシクラメンです。白もいくつかあり、一鉢は洗面所内に入れました。P1090595.jpg  葉牡丹も大好きで、去年も今年も二株買いましたが、去年はすぐに腐ってしまい、今年もグリーンと白のきれいなのがすぐにだめになりました。雨に当てないようにしなければいけないのかもしれません。残っているのはこの赤だけです。グリーンのと並べられなかったので、ごらんの銀葉「耐寒マツバギク」とやはり香りシクラメン、それに名前の知らない小さな紫色の花が咲く植物を植え込みました。彼らは比較的寒さに強いので、夜だけすのこをかけています。葉牡丹の寄せ植えは何もなしで過ごしています。