2回目の藤の花

このあたりでは5月と7月と9月の3回藤の花が咲くことがあります。だんだん花は小さくなりますが・・・そして株のことを思えば咲かせないほうがよいのかもしれませんが、バラのように手塩にかけるタイプの花ではないので、そのまま咲かせています。私の苗字は内藤で、家紋も「内藤藤」というちょっと派手な家紋です。母が藤色が大好きだったこともあるし、庭をもてれば植えつけたいと思っていました。でも知り合いの園芸家は気をつけないと周りのものを壊すくらい枝が張るからよしたほうがいいと言っていたので、思案中だったのですが、どうやら以前の住人が植えたものがまた芽を噴出したのです。昨年は申し訳程度の小さな花をつけ、今年は5月に結構楽しませてくれました。にわか作りの竹製のこうしに絡ませています。まだ枝が細いので持っていますが、来年はもっと丈夫な柵にしなければいけないかな?

あこがれの・・・

ラベンダーつぼみ関西育ちの私には白樺やこのラベンダーのように、普段見ることができない植物にあこがれていました。白樺は信州へ修学旅行に行ったときに初めて出会い、とても満足しました。今も朝霧の中に浮かび立つ白樺を覚えています。今の家を初めて見た時に10本ほどの白樺を庭に見つけ、どんなにうれしかったことでしょう。ラベンダー花ラベンダーは鉢植えでよいのだから、これまでにも育てようと思えばできたのに、やっぱり広い北海道の原野になみ打つ風景が払拭できず、手を出さないでいました。庭を持てることが決まったときにアパートのベランダで早速種を蒔いて育て始めました。順調に育ち、転居して程なく勇んでじか植えにしたら、なんと全部枯れてしまいました。昨年の春、こわごわいくつかの株を買って見ました。(種から育てるのは非常に難しいと聞いたので)じか植えにするのも怖いので、大きなテラコッタの鉢に植えました。すると、みんな大きくなってたくさんの花がつきました。昨年は刈り取りが遅くなってしまったので、今年は昨日刈り取りました。お勝手口のそばに干しています。玄関先のジャスミンとお勝手口のラベンダー。今、我が家はいい香りに包まれています。

ぶどう畑の掃除

ブドウ畑剪定の事を我が家では散髪と呼んでいます。(笑)今年はブドウ畑を写真でご紹介することが多いので、昨年とは打って変わって足しげくブドウ畑へ参ります。そして、何度も散髪をしました。なんと成長が早いのか!数日たって戻ってみるとすっかり枝が伸びて、そこにたくさんの葉がついて、何本かの枝は、自分自身の重みに耐えられずに折れてしまいました。そうなる前に助けてあげなければいけなかったのに・・・オーナーがついてくださったぶどうの木は家に近い手前のほうだし、最初から気をつけていたのでそういうことはありませんでしたが、残りの部分は結構そういう事態が起こっています。しばらくきり番ページを更新できなかったのも、そういう部分の散髪やお掃除をしていたからなのです。一部分だけをきれいにしても、いったん病気が発生すればそこから全体に広がる可能性が大きいですから、やはり、全体をきれいに保たなければなりません。ただどうしても後回しになってしまうその部分に、今日またこれまでに見たこともないきれいな花が咲いていて、「あらぁ、きれい!ごめんね。」といいながら草刈をしてまいりました。

いまごろ?

この写真を撮ったのは4,5日前です。そう、去年の秋の写真ではありません。今頃こんなに枯葉が?と思われるでしょうね。落葉樹は秋に全ての葉を落としますが、常緑樹は、やはり春に新しい葉がたくさんでるので、古い葉を落とすのです。そうです。常緑樹といっても同じ葉がいつも緑色でいるわけではないのです。やはり新陳代謝をするわけで、トキワガシとはくもくれんの下はいまどきこういう状態になるのです。トキワガシは年中といってもいいかもしれません。葉のほかに細長い花や実がなると小ぶりのどんぐりや年中何かを落とし続けているのです。でも衣替えが終わって、すっかりきれいになりました。こちらはぶどうの成長一番株?の実の様子です。

バコパ

banpaどうも小さな花が好きなんですよね。園芸店で初めてであって、すぐにふた鉢うちへつれて帰りました。園芸店の話では1年草ということでしたが、私が頼りにしている「みともりの花図鑑」でも、米村浩次の園芸百科でも、多年草ということで、まぁ1年草でもかわいいからいいかと思って買ったので、なんだかもうけものをした気持ちです。買ったときにはすでに茎が長く伸びていたので、しばらくは花が少なくなるけれど丈夫な株に育ってほしいので少し散髪(刈り込み)をしました。そのあと水遣りを忘れるたびに花が少なくなりますが、しっかり水を上げると1日2日で花が咲き始めます。丈夫な花なので不精な私にはぴったりという感じ。小さな花ですが、清楚で愛らしい花です。