自然のめぐみ

八重咲き水仙なんと言ってもおおきな自然の恵みは太陽と水だろうけど、気をつけてみているといろんなところにそれはある。野の花もその代表格だと思う。写真の水仙は、我が家の金網の外側に勝手に咲いた花だ。あまり近寄れなかったのでお分かりいただけるかどうかわからないが、一段ごとに花びらの形や厚みや色が微妙に違っていて、デザイナーがいろんなレースをかさねて素晴らしいドレスを作るかのように、それらが全体としてしっくりとまとまっている。シンプルで、小ぶりの花が好きな私だが、この水仙にはすっかり魅了されてしまった。あちこちで特にこの水仙につけられた名前があるのかどうか聞いているが今のところまだわからない。当分の間私は『バロッコ』(イタリア語でバロックのこと)と呼ぶことにする。