新入りさんたち

ぎょりゅうばい写真はニューギニアさんのギョリュウバイ。昨年花屋さんで見つけて小さな八重の花が気に入ってすぐに買ったのだけれど、なんとすぐに枯らしてしまった。売っていた花屋さんすら名前を知らなかったくらいでどう扱っていいのかわからなかった。とっても面白い形をした種ができていた。面白い形は種が入った硬い袋で、中には小さな黒い種がいくつか入っていた。それをじかに地面にまいたけど、何事もおきずに終わった。そして2月のはじめ、農作業用の道具を扱うお店でまた出会ったのですぐに我が家へつれてきた。昨年のよりは幹が太くてしっかりしていそう。今度は大丈夫かな?念のためにネットで調べて水を切らさないようにと言う知識を得た。生まれ故郷が地球の反対側なのでやっぱりいろいろと大変みたいだ。羽衣ジャスミン”class=さて、羽衣ジャスミンはこれが初めての出会い。これまではマダガスカルジャスミンと言う比較的丈夫な種類を持っていた。丈夫というのは気候に関して、病害虫には注意が必要。なんと言ってもカイガラムシがつきやすい。昨年買ったものはうちへ帰って広げてみると中が真っ白だった。もっとよくみて買わなければ・・・でも、大きくなって玄関を飾ってくれている。羽衣ジャスミンも同じように管理するのかと思っていたのだけど、ちょっと違うみたい。まず今の季節、まだ屋内におかなければならないと言うこと。とくに、買った株は温室内で早く咲かせているようなので、こちらの環境に慣れてくれたら庭に下ろしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。